オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊田市K様邸増改築工事に伴う屋根改修工事


下屋根左側
K様邸は日本瓦の一般的な屋根形状の切り妻屋根です、
一般的な屋根形状が好まれるには理由があります、
雨漏れがしにくい
軒先が出ている場合雨が当たりにくいので外壁の劣化を防ぐ等です。
今回の屋根瓦には劣化が見当たりません、良好な状態でした。今回の解体で仕上がっていない母屋のケラバ部の袖瓦を施工すれば問題ない診断できました。
下屋根右側
外壁の仕上げがまだなので、ブルーシートが張ってある状態です、外壁工事が終わり次第屋、根工事に移ります。
切り妻の右側には破風板袖瓦が残っているので、
それにあわせて左側も施工していきます。

瓦の天辺棟板金
瓦の棟部にあるのが棟板金と呼ばれるものです、棟板金は正しく取り付いていないと即雨漏れの原因になります。
以前台風の時に飛ばされたと連絡があり、補修したことがあります。頂上に取り付いてるので風にあおられ外れやすいのでしょうか。
瓦の端っこ袖瓦
屋根の端(ケラバ)にある袖瓦は平板瓦の小口隠しの意味もあり、瓦伏せの最終で取り付け工事完了となります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957