オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

蟹江町にて先日の台風で雨漏り 築40年の瓦屋根


天井の雨染み
蟹江町にお住まいのお客様から先日の台風で雨漏りしたので見て欲しいというお問い合わせがありました。

築40年の瓦屋根で、増築もされている建物で、一度屋根はお手入れされているとお聞きしました。
小屋裏の様子
まずはじめに、室内の状況を拝見いたしました。

ここの部分は今回初めて雨漏りしたしたそうです。

天井板も水を含んでしまい、ブヨブヨになっていました。

ちょうど点検口が近くにありましたので、小屋裏の方も確認致します。
屋根の全景
場所的には、ちょうど増築した部分のようですので、今度は屋根にのぼって確認していきます。

段差ができている部分が増築した部分と元の屋根との取り合い部分になります。
増築部分の取り合い
どうしてこのような納まりになったかは、分かりませんが無理やり納めた感じです。

元々あった棟瓦を取ってしまい板金で加工して納めていますが、板金を固定知るところが無いために漆喰で納めています。
増築部分の取り合い
冠瓦という半円状の瓦を外してしまっているので、のし瓦という平たい瓦がずれてしまい、漆喰も取れてしまっています。

そうすると、瓦と板金の間に隙間ができますので、ここから雨が侵入してしまい、雨漏りしたと思います。
瓦の割れ
また、瓦同士をコーキングで固定してしまっているので、瓦が動くことができず、瓦に負担がかかり割れているところがありました。

瓦止めのお手入れをされているお宅では、よく見る光景です。
瓦の割れ
こちらも同じ理由で瓦が割れてしまっています。

瓦自体も40年経っていますので、脆くなってきますのでこれからこのように割れてしまう瓦が増えてしまいます。

こういった事も、雨漏りに繋がりますので、注意が必要です。
漆喰の欠落
あと気になったのが、漆喰が剥がれているところが結構あります。

瓦の上に剥がれた漆喰の塊が転がっています。

危険ですので、とれてしまった漆喰は拾っておきました。
増築部の取り合い
増築部との取り合い部分を反対側から見たところ、破風板という瓦の下の板が腐食してしまい隙間ができていましたので、この部分も今回の雨漏りの原因のひとつになります。

今回も当ブログをご覧頂きありがとうございます。

街の屋根やさん 名古屋南店 インフィールド 

ではまた ^^) _旦~~
菖蒲田(ショウブダ)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名古屋市天白区にて屋根の面戸設置と外壁塗装工事を行いました

外壁塗装
施工後写真
工事内容
外壁塗装
その他の工事
火災保険
使用素材
築年数
12年
建坪
20坪
保証
10年
工事費用
172万円
施工事例

大治町にてスレート屋根のカバー工事とセンサーライト工事完了です

スレートカバー工事
スレートカバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板 セキノ興産 ダンネツトップSS
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
142万円(電気工事含む)
施工事例

名古屋市中川区にて雨漏り・水漏れを直して頂きました!

アスファルトシングルの劣化
アスファルトシングル張り
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
その他の工事
3階建て
使用素材
アスファルトシングル材、無機塗料、システムキッチン
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
263万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市北区にお住まいのお客様から「瓦屋根のケラバがずれて雨漏りしたので見てほしい」という連絡がありました。築年数が40年ほど経つ建物で、屋根はまったくお手入れしていないという事でした。早速、雨漏り調査に伺います。

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

屋根にカバー用の金具取り付け

弥富市にて、強風被害に遭われたお客様のスレートのカバー工事が終わり、既存のスレートに太陽光パネルが載っていましたので、カバー工事をした後で、屋根に穴をあけない工法で太陽光パネルを復旧致します。その為、スワロー工業のカバー用掴み金具を取り付け...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957