オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市西区で陸屋根のお宅で雨漏り、補修か全面防水かの点検


雨漏りによるクロスの剥がれ
名古屋市西区にお住まいのお客様から「雨漏りしたので見てほしい」というお問い合わせがありました。

7年前に内装を改修した際に、屋根もやってもらったがお任せしていたのでどういうやり方をしたかは分からないとおっしゃっていました。
大屋根の全景
早速、お伺いし雨漏り箇所を拝見させて頂きました。

雨漏り箇所は、1階のリビングの天井からでした。

今までは雨漏りした事がなかったが、先日の台風の時に天井からポタポタ落ちてきて床に水たまりが出来るくらいの量だという事でした。
大屋根の補修跡
念の為、2階の屋根も見ていこうという事で、まずは、ドローンにて点検することに致しました。

白く見えているところが以前に補修したところだと思われます。


下屋根(北側)
下屋根の北側になります。

ここはしばらくお手入れはされていないようです。

ただ雨漏りの場所的に別のところが原因のようですが、全体的に傷みが進んでいます。
下屋根(南側)
この部分が増築されたところになります。

増築部分の継ぎ目は雨漏りしやすい場所になります。

増築してからは一度も手を入れていないそうです。

パッと見でもトップコートが無くなってていてシートが見えているところが結構ありました。
笠木の取り合い
立ち上がりの部分の笠木ですが、既存の建物との取り合いの部分がかなり隙間が空いていました。

ここからの雨水の侵入も可能性が高い場所になります。
笠木の取り合い
笠木の取り合いの部分と外壁との取り合いも隙間がありましたので、原因の可能性は非常に高い場所です。


笠木の劣化による錆
笠木を固定する為に釘を打っていますが、天打ちというあまりお勧めしないやり方で施工されています。

どうしても平らな部分に雨が溜まってしまいますので、釘の部分から雨水が入り込んで釘が錆び、その週辺がもらい錆で錆びた範囲が広がっています。

FRP防水の劣化
立ち上がりの角の部分ですが、他のお宅でもよく見かけますがトップコートが剥がれやすい場所の一つになります。

ところどころに繊維状の部分が見えていますが、これはFRP防水を施工する際にガラス繊維のシートをポリエステル樹脂の硬化剤を混ぜ防水層を作っていきます。
FRP防水の劣化
硬化した樹脂の部分が劣化して、ガラスシートが出てきています。

ここまでになってしまうと防水性は無くなってしまいますので、もう一度ガラスシートと樹脂を混ぜて硬化させ防水層を作り直す必要があります。

合わせて、笠木もやり直す必要がありますので、報告と提案を致します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

大治町にてスレート屋根のカバー工事とセンサーライト工事完了です

スレートカバー工事
スレートカバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板 セキノ興産 ダンネツトップSS
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
142万円(電気工事含む)
施工事例

名古屋市中川区にて雨漏り・水漏れを直して頂きました!

アスファルトシングルの劣化
アスファルトシングル張り
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
その他の工事
3階建て
使用素材
アスファルトシングル材、無機塗料、システムキッチン
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
263万円
施工事例

名古屋市千種区にてFRP防水及び目地打ち工事が完了しました

施工前
施工後
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
FRP防水
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
140万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様からスレート屋根のメンテナンス方法についてご相談したいと連絡がありました。以前に一度塗装をされているようですが、色も薄くなってきたので、また塗装で良いか違う方法がいいのかを聞きたいとの事でした。

屋根の全景

南区に住まいのお客様からのお問い合わせで「以前にやった漆喰と瓦のコーキングが気になり始め、心配になってきたので見てほしい」という内容でした。前回のお手入れから10年くらい経つそうですので、だんだんと気になってきたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957