オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

カバールーフ工法って知ってますか?


カバールーフ工法って知ってますか?
古い屋根の上に下地防水紙を敷き、その上からアスファルトシングルや金属屋根をかぶせて葺く工法です。
古い屋根材を撤去しないため、撤去費用を削減することができます。
葺き替えと比較するとコストとなります。
カバールーフルーフィング
屋根の棟、隅棟に当たるところの部材は撤去します。
三角屋根のてっぺんのところです。

次に防水紙を施工します。
この緑色のシートが防水のためのルーフィングです。
下のグレの屋根材は既存の屋根材です。
撤去せずにルーフィングを上から施工します。

屋根材完成
ルーフィングが施工できたら、その上に新しい屋根材を施工していきます。
平板部分の施工がきれいにできています。

棟
屋根の棟に当たることころに、下地を打ちます。
この上に部材をかぶせて完成です。
カバー工法完成
棟部材をかぶせて完成です。
カバー工法はコスト面でのメリットが多い反面、既存の屋根をそのまま残すことにより、
建物自体の重量が増すデメリットもあります。
もちろん、既存を撤去したほうが良い場合もあります。

なかなかお客様ご自身では判断が難しいところですので、判断は私たちプロにお任せ下さい。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957