オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

『雨とい』のことを、ちょこっと勉強。


『雨とい』のことを、ちょこっと勉強。
雨といにはいろいろな種類がありますが、各部分にも名称があります。
知っておくと業者さんと話すときに便利です。

建築物には当たり前にある『雨とい』ですが、この機会にすこし見てみましょう。

よこ樋、たて樋ってどこのこと?

5694756e280e2aee11ec2e4c4308ffb4-1
横に伸びる赤いラインにあるのを『軒樋(のきとい)、よこ樋(よことい)』、たてに伸びる青いラインを、『たて樋(たてとい)』といいます。
軒樋(のきとい)は名前の通り屋根の軒先に平行に設置します。屋根から流れてくる雨がこの軒樋(のきとい)に入っていきます。
たて樋(たてとい)は、建物の壁に平行に設置します。軒樋(のきとい)に流れてきた雨はたて樋に向かって流れていきます。このたて樋は土の中に配管された雨水配管につながっています。
DSC01257-simple
よこ樋(よことい)を上から見ると、こんな感じです。
流しそうめんを流せそうです(笑)

P1190963_R-simple
よこ樋に何かたまっています。
正体は『落ち葉』です。風に吹かれた落ち葉がここにたまっている様子がわかります。

この落ち葉ですがそのままにしておいてはいけません。
そのままにしておくと、落ち葉が腐敗し樋を痛めることになります。また雨水をしっかり流すことができず、大雨の日など樋から雨があふれてしまうこともあります。
落ち葉掃除は、自分で行うと危険なので業者さんにお願いをしましょう。

エルボ、ドレンってどこの部材?

0459e67a54f351a0cc4e6844fc3f10bd-simple
たて樋とよこ樋をつなぐ部材を『エルボ』といいます。赤い丸で囲われた、くにゃっと曲がった部材です。点検時にはこの部材が、しっかりはまっているかを確認します。

この『エルボ』という部材には、いろいろな角度のものがあります。直角に曲げたいときには92度、角度を大きく取りたいときには145度、105度などがあります。

写真のエルボは120度~145度ぐらいのものを使用しています。
18f480d5f83873fb6ab579e8ca54a9b1-simple
この赤い丸で囲われたものが、『ドレン』です。
この上はバルコニーですが、雨水を受けるカップのようなものです。
 
樋はいろいろな部材でできています。
ご自宅の樋を一度見てみてください。
気になることがあれば、すぐ街の屋根やさん名古屋南店にお電話くださいね。
街の屋根やさん 名古屋南店 0120-554-957
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957