名古屋市南区 屋根の葺き替え現場 複雑な屋根を金属瓦へ 後編①


屋根金属瓦葺き替え
↑クリックで読めます。


いよいよ葺き替え編①になります!

これはケラバと言われる部分の加工です。

水切りといわれる役物を下地防水シート(ルーフィング)を貼った上から取り付けて行きます。

この上から金属瓦を葺いた時に、水が廻ってきてもこの下地の役物から水を軒先まで切って行く役目があります。
屋根金属瓦葺き替え
軒先はこの様にして、防水シートを貼った後からケラバ水切り板金と同じく取り付けて行きます。

下地工事は防水シートを貼った後に、ケラバ水切り板金と、軒先水切り板金を取り付けてから金属瓦を取り付けて行きます。

さて、いよいよ金属瓦を施工していきます。
屋根金属瓦葺き替え
先ず、軒先水切り板金、壁際水切り板金を施工した後から波型の金属瓦を施工して行きます。

複雑な屋根なんで、収まりが結構大変です。
屋根金属瓦葺き替え
綺麗に仕上がっていますね!

足場の影が、流線型の綺麗な屋根のフォルムを更に幻想的にしています。
屋根金属瓦葺き替え
大屋根は、棟瓦を残して葺きあげていきました。

綺麗な葺きあがりで私も見ていてウットリします。

いや、本当に波型の屋根は綺麗です。

波型の金属瓦のメリットは、空気層が出来て断熱効果が期待出来ますし、ブリックが付いていると耐久力や強度が増します。また、見た目も美しい(これは人の感性に依るものですが、私は綺麗と思います)
屋根金属瓦葺き替え

さて、いよいよ次回は最後の仕上げ編各部位になります。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957