名古屋市南区 屋根の葺き替え現場 複雑な屋根を金属瓦へ 下地


名古屋市南区で屋根の葺き替え現場 複雑な屋根を金属瓦へ 下地からお見せします。

今回は第四話で構成されています。
金属屋根葺き替え
本日は、複雑な屋根の現場に行って来ました!

今回はかなり複雑な屋根で、入母屋部分があるお宅の屋根の施工という事で下地から金属瓦を実際の葺き上がりまで撮って来ました。
金属屋根葺き替え
瓦を全部降ろした後ですので、若干寂しいですね…

上記は下地にコンパネを打って防水シートのルーフィングを貼っているところです。
金属屋根葺き替え
これは屋根側面の、ケラバと呼ばれる部分と破風板と呼ばれる部分です。

他のブログでも再三書いていますが、屋根の外壁の間の部分なので一番肝心なところでもありますし、職人の腕が一番問われる所でもあります。
金属屋根葺き替え

当社は大体破風板は普段板金で加工するんですが、こちらのお宅は最近塗装をされたばかりで、その時に塗装業者さんが破風板を塗ってしまっていますので、当社は今回ケラバから破風に少し盛り上げて被せる様にして水が廻って来ない様な葺き方を提案しております。

前回塗装時に、結構なお金をかけているのに、板金を被せてしまっては勿体無いですしね(^_^;)
金属屋根葺き替え
元の瓦が分厚かった為、入母屋部分の葺き上がりの段差に遜色が無い様にと、また下地の痛みもあいまっている為、今回の下地は2重にしております。

屋根の形によって収まりが全然違うので、その屋根にあったやり方で施工致します。
金属屋根葺き替え

破風板から鼻板に続く部分です。

右の鼻板部分から雨樋が付きます。
破風板には雨樋は付きませんので。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957