名古屋市港区で棟板金の交換工事が完成しました。


工事のきっかけ

ビフォーアフター

before
施工前
horizontal
after
施工後

工事基本情報

施工内容
施工期間
使用材料
施工内容その他
築年数
保証年数
工事費用
建坪
ハウスメーカー
施工前
名古屋市港区にお住まいのお客様で、台風の影響により棟の板金が剥がれてしまい、ぶら下がっている状態になっているところをご近所の方が教えてくれ、初めて気がついたそうです。
施工前
板金の釘が抜け落ち、棟の半分くらいがぶら下がっている状態でした。

応急的に板金を元に戻してビス止めしましたが、中の木材が腐食しているので、あまり効いていないですが、とりあえず復旧し、改めて板を交換し、板金をやり直す工事の依頼を受けました。
施工前
台風で板金が飛んでしまった部分です。

木材に水がまわり、部分的に腐食しています。

部分的というのは、釘を打っていた場所になります。
既存板金の撤去
足場を組んでから、職人が入りました。

まずは、既存の板金を撤去していきます。

ほとんどの釘が効いていない状態でしたので、釘を抜く作業は簡単にできました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

室内の雨漏り

名古屋市南区で以前に陸屋根の防水工事をしたお客様から、台風の後で雨漏りしたと連絡があり、まだ2年くらいしか経っていないがどういう事だとお怒りになっておられました。まずは、確認に伺いますと伝え、すぐにお客様宅に向かいました。

瓦屋根

名古屋市緑区で瓦屋根の雨漏りがしてるかどうかの調査をお願いしたいという事でお伺いして来ました。築38年の瓦屋根、だいぶ色んな業者から言われているとの事で、前から定期的に診断とメンテナンスを行っている当社に依頼が来ました。

和瓦

今回は愛知県弥富市で角の瓦が浮いて水が入るかも知れないとの事で早急にお伺いしてきました。現場につくと廻りに家が無く、風が非常に強く当たる立地でした。なるほど、ここならケラバぐらいは浮いてしまうかも知れません。築年数は44~45年の和瓦お家で...........