オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雪止め(ゆきどめ)って何のためにあるのかな?


雪止め(ゆきどめ)って何のためにあるのでしょう?
最近は雪があまり降らない地域でもいきなり降ることがあり、大騒ぎになることも多いですね。
雪止めがどんな役割を果たすのか見ていきましょう。

雪止めの役割

雪止めの役割は大きく分けて3つあります。

 ①積もった雪が一気に落ちて、人に危害を加えないようにすること。

 ②お隣さんなどの敷地に雪が一気に落ちて、迷惑をかけないようにすること。

 ③雨樋に雪が一気に落ちたりすることを防ぐため。

雪は白くてきれいですが、雪国などでは降り積もるたびに硬く締まっていきます。
雪の重量は非常に重くなり危険です。
建築基準法でも積雪地域の設計は、壁を強くすることが義務付けされています。


雪止めの種類

雪止めにはいろいろな種類があります。
雪止め金具
こちらは雪止め金具です。
金具にもいろいろな種類があります。
もちろん後施工可能です。

4f1ede76666a40ab7b00772de953c06c-columns2
こちらは瓦そのものに雪止めがくっついているものです。
こちらも後施工が可能です。
瓦ごと取り替えることが可能です。
そのほかにも、雪止めネットもあります。

雪止めはいいことばかりではない。

実はこの雪止めいいことばかりではありません。
名前の通り、雪を屋根面に止めてしまうため、雪が降れば降るほど雪の重量は増していきます。
また、雪下ろしをする地域ではこの金具があることによって、雪降ろしがしにくくなることもあります。
雪下ろしの習慣がある地域では、あまり雪止めを見ないこともあります。

雪下ろしをするほどではないけど・・・という地域で、施工するといいのではないでしょうか?
後施工可能ですので、気になる方はお電話下さい。

街の屋根やさん名古屋南店
 0120-554-957


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957