オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の雨漏りはなぜ起こる?


屋根の雨漏りはなぜ起こるのでしょうか?
雨仕舞(あまじまい)がしっかりできていないと、雨漏りを起こします。
雨仕舞(あまじまい)とは施工する人が、雨漏りをしないように加工や細工をすることです。

雨滲み
天井に見られる染みです。
今は天井材が水分を吸って、染みになっていますが、天井材が水分を吸いきれなくなると下にポタポタ落ちてきます。
床や家具をぬらしてしまい、被害が拡大していきます。
下の2枚の写真も天井に染みた雨漏りです。
雨染み2
雨染み3
DSCN0737-columns2
こちらは壁に見られる雨漏りによる染みです。
壁に雨染み1
こちらも同じく、雨漏りによる染みです。
雨漏りの原因は瓦などの屋根材ではなく、その下にある『ルーフィング』や野地板(のじいた)の劣化に原因がある場合が多いです。
また、昨今の意匠(デザイン)を追求するあまり、軒やケラバの出が無いためその雨仕舞い(あまじまい)の施工が甘い場合も、雨漏りを発生させる原因となっています。

しっかりした施工と定期的なメンテナンスで、雨漏りは防ぐことができます。
気になる方はいつでもお問い合わせ下さい。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957