オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和瓦の『のし瓦』、『冠瓦(かんむりかわら)』のお話。


和瓦には『のし瓦』『冠瓦(かんむりかわら)』と呼ばれている部材があります。
聞きなれない言葉ですが、屋根のどこを指すのでしょうか?
写真を使ってご説明しますね。

のし瓦をたくさん積んで豪華に?

屋根の全景
こちらは、和瓦(わがらわ)と呼ばれているものです。
昔からあり、いぶし銀のカラーがとても美しい瓦です。
屋根全景
こちらも和瓦です。
少し色あせをしていますが、いい味出しています。
f305059177db42a1e8d6aabfe5c0ee76-columns2
和瓦で葺かれている屋根を上から見てみます。
なんだかたくさん重なっている部材があります。
重厚感ありますね。
ac9c8b0accca783aeeafe0b91be18698-columns2
拡大してみて見ます。
ちょうど、屋根の棟(むね)にあたるところです。
この何枚もバームクーヘンの様に重なってる瓦を『のし瓦』といいます。
のし瓦の一番てっぺんにあるかまぼこのような形をしたものを『冠瓦(かんむりかわら)』といいます。
この『のし瓦』『冠瓦(かんむりかわら)』を合わせて棟瓦(むねかわら)と呼んでいます。
『のし瓦』には少し『むくり』が付いています。『むくり』とはかまぼこの形のようなゆるいカーブです。
この『のし瓦』をすこしずつ、ずらして積んでいきます。
写真で見ても、ずれているのがわかります。
今ではあまり枚数を重ねる事はなくなりましたが、昔はこの『のし瓦』を何枚も積むことで豪華になるとされてきました。
間にしっかりと漆喰(しっくい)をつめて、雨が入り込まないようにします。
職人さんの根気と技が必要な施工です。
街にある、古いお家を見てみてください。きっと何枚も重なった『のし瓦』を見ることができますよ。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957