オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

チョーキング【白亜化(はくあか)現象】はなぜ起こる?


チョーキングは白亜化現象(はくあかげんしょう)とも言います。
外壁や塀などを手で触ると、その外壁色の粉が付いてしまう現象はなぜ起こるのでしょう。
チョーキングが起こる原因と対策について、お話をしたいと思います。
チョーキング
建物の外壁を黒い手袋をつけて触ってみたところ、手袋に白い粉のようなものが付きました。
この現象をチョーキング 白亜化現象(はくあかげんしょう)と言います。

チョーキングはなぜ起こる?

 外壁塗装を行って年数がたつと、触ったときに手に白い粉がついたりします。
チョーキング現象の起こる原因は、外壁の塗装の劣化です。
塗装に樹脂塗料を使っている住宅の場合、ほとんどこの現象が見られます。

塗料は色味をつける『顔料(がんりょう)』、それを保護する役割をもつ『樹脂(合成樹脂)』そして施工しやすくする『添加剤』の3つの成分でできています。
しかし外壁は毎日、太陽の光や雨、風、紫外線にさらされているため、徐々に成分が分解され劣化していきます。
その劣化したものが、粉状になって手に付いたりします。


チョーキングが起こってしまったら。

 チョーキングが起こったままにしておくと、外壁にひび割れが発生したりします。
そのひび割れは雨漏りにもつながります。
早急に信頼できる業者さんに、見てもらいましょう

気になることがあれば、すぐ街の屋根やさん名古屋南店にお電話くださいね。
街の屋根やさん 名古屋南店 0120-554-957


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957