オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

住宅の寿命は何年?


住宅の寿命は何年だと思いますか?
日本の住宅は約25~27年と言われています。
海外はどうでしょうか?
アメリカで約100年、フランス、ドイツは約80年と言われています。
この年数をみてどう思いますか?

住宅ローンで人気のフラット35はローンを35年で返済するプランです。
でも、住宅の寿命は30年ありません。
なぜ、日本の住宅はこんなに寿命が短いのでしょうか?


日本の住宅の寿命が短いのはなぜ?

考えてみて下さい。
日本には数多くの歴史的建造物があります。
代表されるものは、寺院やお城です。
それらは私たちが生まれる前のものも多く現存しています。
もちろん、戦争などで焼け落ち再構築したものもありますが、寿命は30年ほどではありません。
その多くは木造です。不思議ですね。
なぜ、住宅だけ?

理由はいくつかありますが、一番大きいのは建築技術の衰退だと思います。
高度成長期による、大手ハウスメーカーの大量生産される住宅による、職人技術の低下。
海外の材料をふんだんに使うことによる、国内の森林の衰退。

そして、早く、安くを望んだ施主。
これはいたし方がないかも知れません。

しかし、安くを望むと海外の安い材料に流れるしかありませんでした。
日本の国土の2/3は森林です。しかしその多くが死んでいます。
日本人が住む家なのに、国産の材料が使われていない現実があります。
残念なことですね。


海外との住宅に対する意識の違い

もうひとつ、寿命を分ける大きな要因があります。
それは、メンテナンスです。

海外では自分たちでメンテナンスすることで、住宅の価値をUPさせる習慣があります。
日本でも、最近は自分でウッドデッキや庭を手入れする方は増えましたが
住宅をメンテナンスする方はあまりいません。

定期点検の重要性

正直、自分たちで行うことはすごく大変だと思います。
だからこそ、定期的な点検をプロにお願いしましょう。

まずは一年に1回、ご自身で住宅を見てみましょう。
何か気になることがあれば、プロに見てもらいましょう。

街の屋根やさん名古屋南店では、無料点検をいつでもお受けいたします。
せっかく建てた住宅です。大切にしてくださいね。

街の屋根やさん名古屋南店 0120-554-957
いつでもご相談ください!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957