弥富市|知り合いの工場の屋根が飛んでしまったので直してほしい(後編)


前回の続きになります
カバーした屋根の剥がれ
写真でも、分かると思いますが、こちらの工場は、とても大きな物で、剥がれている部分の面積が、一般的な戸建の屋根の大きさの5倍くらいの広さになります。


本当に広い工場なんです。
カバーした屋根の剥がれ(中間部)
重なりのハゼの部分もガッチリと折り曲げていますので、これが剥がれるという事は、想像しにくい事なんです。

それが台風で捲れてしまうとは、誰も想像していなかったと思います。

しかも、一度屋根をカバー工事されていますので、尚更だと思います。
元屋根の劣化
剥がれた部分の元屋根を見て行くと、軒先から雨が入った跡が見受けられます。

カバー工事をする前の状態がどの程度の物かは分かりませんが、軒先のほとんどが錆びてしまい、穴が開いている所もあります。
元屋根の劣化
錆びにより、もともとの屋根に取り付けたタイトフレームという金具が取れてしまっています。

なかには原型が分からないくらい錆でボロボロになっていりものもあります。
元屋根の劣化
この金具は、元の屋根とカバーした屋根を固定する大事な金具ですが、このような状態ですと、ただ載っているだけと同じ状態です。風にあたれば煽られてバタバタする状態ですね。
元屋根の劣化
ここは完全に穴が開いてしまっています。

カバーをした屋根がある時には問題ないかもしれませんが、カバーした屋根が飛んでしまうと、少量の雨でも建物内に入ってしまいます。
棟板金の剥がれ
他の部分では、このように棟の板金が捲れてしまってるところや、樋の金具が破損したりと、結構な痛みがありました。

棟に関しては、よくこれで済んだと思います。

屋根の捲れ方を見ると、もっとひどい状況でもおかしくはありません。
はい樋の金具の破損
屋根の上に這わせている樋を固定する金具が外れています。

これも、金具だけで済んで良かったですね。

かなり大きな屋根になりますので、なかなか全部というわけにはいかないので、部分的な補修になると思いますが、市rでもかなりの金額になりそうです。

保険が適用になるそうですが、どこまで見てもらえるかによりご負担も変わります。

一通り拾い出し、ご提案致しますが、ちょっとした覚悟が必要になるかもしれません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957