オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

愛知県 大府市|新築から18年 経年劣化 屋根診断の依頼がありました。


愛知県 大府市 新築から18年 経年劣化 屋根診断の依頼がありました。新築からずっと2年に一度の定期的な診断になります。定期的に診断を行うことで経年劣化による致命的な傷みを発見できると言うメリットがあります。
スレート瓦
大屋根の一番高いところに登って来ました。いつも当たり前のように登っていましたが、普通の人なら一生のうちに一度も登らない人もいるのではないでしょうか?今回の屋根の形状は寄棟屋根です。寄棟屋根なので最低4つの屋根面をもっている特徴があります。
スレート瓦
大屋根の高い位置にある棟板金です。二つの屋根のつなぎの部分に被せて雨が浸入するのを防ぐ役割があります。棟板金はたくさんの箇所を釘で固定されているのですが、今にも抜けそうなくらいの釘を発見いたしました。

スレート瓦
棟板金を捲って診断いたしました。棟板金は貫板といわれる木材に釘を打ち固定しているものですから、貫板が飛んでってしまうこともあります。
スレート瓦
こちらの方がひどいです。釘からなのか強風で入ったものなのか棟板金の下の貫板といわれるところに雨水が浸入していました。
スレート瓦
こちらの面では表面に苔が生えています。
スレート瓦
割れているところがありましたので一時しのぎですがコーキングで補修をしてあげました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957