オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市 緑区|カラーベスト屋根 経年劣化で傷んできたので


名古屋市 緑区 カラーベスト屋根 経年劣化で傷んできたので、屋根の診断をさせていただきました。診断の結果、棟板金の破がれとカラーベスト瓦の表面の剥離と割れが出てきたので塗り替えをするより、素材がガルバリウム鋼板のスーパーガルテクトにてカバー工法の施工させていただきました。通常のカラーベスト屋根より倍は耐用年数がありますので、塗り替えの方が費用は安いですがコストパフォーマンスを考えると断熱効果や後々のメンテナンスが楽なカバー工法での施工が良いと思います。
スレート瓦
まずはカバーする屋根素材を張るために下地を作らなくてはなりません。等間隔で板を張り合わせていきます。
スレート瓦
屋根の一番高いところの棟もすべて下地を作っていきます。
スレート瓦
カバー工法にすると屋根の高さが変わります。そうすると雨樋も交換しなければならないのです。写真では古い雨どいを撤去して金物を取り付けた後の写真です。
スレート瓦
家の端にある屋根も下地を作っていきます。
スレート瓦
雨仕舞い板金を行うことになっています。雨仕舞い板金は屋根から浸入してきた
スレート瓦
破風と言われる部分は職人さんに特に気をつけて施工して下さいとお願いしました。一つ一つ丁寧に施工していただいているなといつも尊敬いたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957