オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市 緑区|防水シート貼り 脱気筒取り付け ウレタン防水


名古屋市 緑区|防水シート貼り 脱気筒取り付け ウレタン防水工事の工事工程を説明しています。緩衝シートを貼ってウレタン防水樹脂を塗っていく作業を写真で皆さんにお見せできればと思っています。それではご覧下さい。
ウレタン防水
前回の工程は通気緩衝工法において主役となる?緩衝シートを貼る前に下地の調整を行って密着力をよくするためプライマーの塗布作業がありました。下地調整には水溜りなどがあったので左官屋さんも入れてきちんと行いましたので、これからはじめる緩衝シートもきれいに張れることでしょう。それでは張っていきます。
ウレタン防水
緩衝シートを全ての床に張りました。つなぎ合わせのジョイント部分もちゃんとテープを貼って漏れがないようにしました。
ウレタン防水
床面には緩衝シートを貼って防水性能をアップさせました。あと立ち上がりにも防水をしなくてはいけません。立ち上がりには角(出隅や入隅)があるので傷みやすくなりがちです。なので補強クロスを貼ってからウレタン防水に取り掛かればよいなと思っています。
ウレタン防水
こちらの写真は通気緩衝工法の役割としてN01の脱気筒です。防水シート60平米につき1箇所の脱気筒を使います。改修用ドレン周りや脱気筒周りにはたくさんの人が使用されています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957