オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市 緑区|通気緩衝工法 脱気筒 プライマー塗布施工工程


名古屋市 緑区 通気緩衝工法 脱気筒 プライマー塗布施工工程 ウレタン防水の工程を説明します。立ち上がりには補強シートを張り床面には通気緩衝シートを張り最後はウレタン樹脂を塗布していく作業になります。
ウレタン防水
脱気筒といわれるものを床に設置していきます。脱気筒は床の下からでる蒸気を外へ逃がす働きがあります。通気緩衝シートには目地のような隙間が設けられていてその隙間から蒸気が通ります。最後は脱気筒から蒸気を逃がすというしくみです。
ウレタン防水
立ち上がり面の補強シートはメッシュタイプのもので出隅などの角がテンションがかかって破れたり傷ができたり傷みやすいので補強シートを張ります。
ウレタン防水
写真では通気緩衝シートを張っている最中です。プライマーをしっかりしているので密着度が高いです。床は平らに見えますが実際には雨が降ったときには排水へと流れていくように勾配がつけてあります。雨水はその方向へ流れていきますが蒸気は上へ登っていきますのでそれらを逃がすために通気緩衝工法でのシート張りをいたします。
ウレタン防水
通気緩衝シートとシートのつなぎ目はガラスクロスでできたジョイントシートによってつなぎ合わせます。これによりシートとシートのジョイント部からの逃げずに脱気筒へと送り出すことが出来るのです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市瑞穂区にお住まいのお客様から、陸屋根の防水を検討しているので見て欲しいというお問い合わせがありました。築年数が40年近く経つお宅でしばらくお手入れをしていなかったのでそろそろと思いいろいろ調べて連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にて屋根工事をさせて頂いているお宅の周辺にチラシを配っていると、お問い合わせのお電話を頂きました。何でも、1週間前に知らない業者が「屋根が浮いていますよ」と言ってきて勝手に屋根にのぼり、今やらないと大変ですよと言われたが信用でき...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957