オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊田市 K様邸にて平板瓦の一部葺き替えを施工中です。



豊田市 K様邸にて平板瓦の一部葺き替えを施工中です。

今回は新東のセラムF2という平板瓦を施工しています。

このセラムF2という瓦ですが、普通の平板瓦と違うところがあるのでご紹介していきます。

瓦桟
横に木が見えますが、これを瓦桟(かわらさん、かわらざん)と言います。
赤い丸で囲った部材です。
これに瓦を引っ掛けて止めていきます。

瓦によって大きさが違うので、この瓦桟(かわらさん)の間隔も変わります。

緑色のシートのようなものが見えますが、これがルーフィングです。
ルーフィングとは防水シートです。
瓦が割れてしまっても、このルーフィングが雨から住宅を守ってくれます。
セラムF2雨水

写真を撮影中は施工中ですので、職人さんの足跡が目立ちますが、これは完成したら綺麗に清掃します。

このセラムF2という瓦には、瓦の先の真ん中に三角のふくらみが見えますが、わかりますか?
赤い丸で囲われているところです。
この三角のふくらみは、瓦1枚に1つあります。
セラムF2水の流れ
さて、この三角のふくらみの意味ですが、雨水の拡散を考慮しています。

三角の縁を赤い矢印のように、雨水が流れているように設計されているのです。
このような平板瓦はあまり見ません。なんだか面白いです。

それにこの三角、屋根が完成するとデザイン的にも結構いい味出しています。
ケラバ
この赤い丸で囲われたところを、ケラバといいます。
袖瓦
ケラバにかぶせる瓦のことを
袖瓦(そでかわら、そでがわら)と言います。
セラム2完成
そして完成しました。

一部のみの葺き替えですが、住宅に取ってはメンテナンスはとても大切です。
何かあれば、すぐご相談下さいませ。

今回も当ブログをご覧頂きましてありがとうございました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

刈谷市にお住まいのお客様から「スレート屋根のケラバ部分が気になるのと、塗ってから11年経つので塗装の状態を見てほしい」という連絡がありました。ひどくなる前にお手入れした方が良いと思い、一度見てもらおうとなり連絡をくれたようです。

屋根工事

名古屋市天白区のお洒落なデザイナーズ住宅にて雨漏り点検の依頼がありお伺いしました。築20年~ほどのお家で二階サッシ部分から雨漏りがして木部に穴が開いており、さらに一階天井も雨漏りがひどい状態なので一度見てほしいとのことでした。まずは屋根の状...........

屋根の全景

中川区にお住まいのお客様から、スレート屋根の点検依頼がありました。築年数が20年以上たったが、今まで一度もお手入れをしてこなかったので、屋根の色も変色してきたので気になり始め連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957