オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

愛知県 東海市|屋根の診断依頼がありましたので…


下屋根

東海市にお住まいのお客様から、屋根の診断依頼がありました。


ずっと家の管理をされていた、お父様が亡くなられて、屋根の事が心配になり連絡をくれてそうです。


自分たちでは、屋根にのぼれませんので、いろいろ調べて弊社に決められてそうです。

軒先瓦の浮き

屋根は、お父様がお元気なころ、一度お手入れされているそうですが、どんなお手入れかは、分からないという事でしたので、まずは屋根にのぼってみます。


築年数は、35年ほど経たれている和瓦のお宅です。


前回のお手入れは瓦止めをされているようです。


瓦止めとは、瓦どうしをコーキングで固定するお手入れになります。

漆喰の剥がれ

こちらは、漆喰部分になります。


何ヶ所か剥がれている所があり、中の土が流れています。

瓦止め

このように、瓦どうしをコーキングで固定しているので、施工してからは、浮きやずれは無いと思いますが、施工する時に、浮いたり、ずれたりしているのを、直さずに、そのままコーキングを打っている所がありました。


瓦止め

ここは、瓦が浮いた状態で、コーキングされた場所です。


なぜ、そのままの状態で、コーキングを打てるのか理解に苦しみます。


当然、この隙間からは、雨が中に入ってしまいます。

瓦のひび割れ
これは、瓦どうしを固定していますので、重なり部分で動く事が出来ないので、瓦に負担がかかり、ひびが入ってしまっています。
瓦のひび割れ

確かに、瓦どうしを固定すれば、地震の時など瓦が落ちる事はありませんが、逆に、建物に瓦の重さが、全部負担を掛ける事になりますので、倒壊する危険が高まります。


瓦も動く事ができないので、劣化した瓦は割れてしまい、雨漏りの原因になってしまいます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957