オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東海市|屋根の診断依頼がありました


屋根のてっぺん
愛知県東海市にお住いのお客様から、屋根の診断依頼がありました。

築年数が32年になる洋風の瓦のお宅です。随分前に漆喰を直したくらいでほとんど手を入れてないので不安になり連絡をくれたそうです。
屋根の流れ
早速お伺いし、屋根を確認致します。

屋根の形状は単純なのですが、屋根面がたくさんありますので、役物が増え、それだけ取合いの部分が増えますので、雨漏りのリスクは多くなってしまいます。
屋根の流れ
粟原の流れの面が大きいところですが、瓦が歪んで見えますので、浮いて隙間ができたり、ずれてしまったりしています。


色摩が大きくなると、そこから雨水が侵入し、下地まで水がまわってしまうと、野地板まで傷んでしまいます。

野地板の上には、防水紙が貼ってありますが、30年以上経っていると当時の物では防水性が無くなっている場合が多いです。
屋根の流れ
ここは屋根と外壁の取り合い部分になる雨押えです。

この部分は、瓦の上下に板金を加工し、雨が入らないようにしていますが、万が一雨が入っても水の抜ける道が瓦の下にあるので、下地に水がまわらないようになっています。

ただ、ここに関しては、屋根よりも、外壁の防水切れの方が心配ですね。
片流れの棟
ここは、片流れの棟になります。

片流れとは、屋根が切妻のは片方しかない形状で、棟の納まりも、少し難しくなります。

のし瓦という平らな瓦が、かなりずれています。

こういったずれも雨漏りの原因になるので気を付けてください。


屋根のことなら、弊社までお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。屋根はセキスイのU瓦でカバーした屋根ですが、年数も15年以上経つのと、パラペットの笠木の一部が飛んでしまったので、通学路の面しているのもあるので、しっかり見て欲しいとの事でした...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957