オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

愛知県東海市|台風の後雨漏りがひどくなったので見て欲しい


室内の雨漏り

東海市のお住まいのお客様から「台風に後で雨漏りがひどくなったので見て欲しい」と連絡がありました。


手を掛けずに住みつぶそうと思っていたが、事情が変わり住んでいく事になったが雨漏りがひどくなり連絡をくれたそうです。

室内の雨漏り

早速、お伺いし部屋の中の雨漏りの状態を確認していきます。


和室の天井に大きな染みが出来ていました。


1回や2回の雨漏りで出来た染みではないようです。


だいたいの位置を把握しましたので、屋根にのぼってみます。

屋根の全景

屋根は瓦屋根で年数の割には、しっかりとしている印象です。


このタイプの瓦は、20年もするとボロボロになっている事が多く、30年以上だと歩く度に割れそうな状態になっている瓦の印象ですが、目立った割れや大きなずれはありませんでした。

屋根の全景

そうはいっても、40年以上経っている建物ですので劣化は否めません。


ところどころ瓦が浮いていて、影が太く見える所が結構あります。


風向きによっては、雨は普通に入ってしまうような隙間が出来ています。

鬼瓦の漆喰の剥がれ

鬼瓦の部分の漆喰が取れてしまい、大きな隙間が出来ていますね。


こういった所から入った雨が雨漏りに繋がってしまいます。


なかなか下からでは見えづらい部分ですので、気がつかない事が多いと思います。

瓦のずれ

瓦がずれてしまい、本来隠れている部分がずれにより隙間になっています。


戸行ったところが何ヶ所かあり、歩いていてたわむ所がありましたので、瓦をめくって下地の様子を確認したいと思います。

下地の状態を確認

瓦をめくってみると、下地には杉皮が使われています。


当時としては、一般的なものですが大抵年数により劣化して、杉皮の部分を触ってみると、ぐずぐずになっている事が多いです。


一応、杉皮の下にビニールが引かれていますが、桟木を留めるのに釘が打っていますので、穴が開いているのと同じです。

瓦のひび割れ

瓦自体もよく見て見ると、表面の無数のひびが入っており、オレンジの土の部分が見えている所があります。


ここに雨が付いてしまうと、だんだんと脆くなり、最終的には割れてしまいます。


雨漏りを留めるには、一度瓦をおろしてから、下地をやり直す必要があります。


瓦の状態を見ると、再度葺くのもリスクがありますので、金属製の屋根材で、葺き替えるのが得策だと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957