オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

愛知県東海市|築35年のスレートですが、塗って5年で色あせが…


棟板金周辺のスレートの割れ
東海市にお住いのお客様から「築35年のスレートですが、塗って5年しか経っていないのに色あせしてきたので見て欲しい」という連絡がありました。

5年ですと塗ったばかりというのが強いと思いますので、すごく気になるそうです。

雨漏りはしていないそうですが、色あせてくると漏るのではと心配になると言っていました。
棟板金周辺のスレートの割れ
とても心配されていたようですので、すぐにお伺いし、屋根にのぼって確認致します。

実際、屋根にのぼってみると、とても5年とは思えないほどに色あせしていました。

しかも、色あせだけではなく、ひび割れも結構多い印象を受けました。
スレートの欠け
ひび割れたところが完全に割れてしまい、欠けている部分です。

こういった欠けが増えると、本来隠れている釘が見えてしまう事が出てきます。

釘は、スレートの重ねの被りを計算されて位置が決まっていますので、端からの距離が短くなると、下地に水が廻ってしまいます。
スレートのひび割れ
このようなひび割れが、割れてしまいかけた部分が落ちてしまい、先ほどの写真のような状況になります。

予備軍がいくつもある状況なので、今、雨漏りしていないからと安心は出来ないですね。

色あせにより、村が出来てしまっているので、現時点では防水はあまり効いていないようです。
スレートの浮き
スレートは瓦に比べ、大判サイズになりますので、横幅が90㎝くらいあります。

1枚1枚は固定していますが、スレート同士の横方向には連結していないので、劣化していくと反り上がってしまいます。

そうなると、浮いたように見えますので注意が必要です。
スレートの浮き
酷いところになると、1㎝くらい浮いている所もありましたので、この部分に関しては、釘に部分から下地の木材に水が廻っている可能性が高いと思います。

実際、その周辺を歩くとグッと沈むような感じがしますので、下地まで影響しているようです。
軒先の劣化
軒先の方が一部塗膜の剥がれや、黒ずみが多く出ています。

水分は低い方へと集まりますので、一番低い軒先の周辺が症状が多く出ます。
軒先に苔の塊
ちょうど割れた部分に苔の塊が出来ています。

苔の色が青々していますので、まだ成長中みたいですね。

おそらく、屋根に苔が生えていると思っている方はいないと思いますが、防水性の劣化が進んでいくとこのような症状が出てきますので、苔を発見した時は、防水が切れていると思われた方が良いと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市瑞穂区にお住まいのお客様から、陸屋根の防水を検討しているので見て欲しいというお問い合わせがありました。築年数が40年近く経つお宅でしばらくお手入れをしていなかったのでそろそろと思いいろいろ調べて連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にて屋根工事をさせて頂いているお宅の周辺にチラシを配っていると、お問い合わせのお電話を頂きました。何でも、1週間前に知らない業者が「屋根が浮いていますよ」と言ってきて勝手に屋根にのぼり、今やらないと大変ですよと言われたが信用でき...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957