オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市東郷町|台風が近づいてきたので、その前に点検依頼がありました


屋根の全景
東郷町にお住いのお客様から「台風が近づいてきたので、その前に屋根を点検して欲しい」と連絡がありました。

まだ築11年のお宅ですが、何かあってからでは遅いので、念の為に点検をお願いしたいと思い連絡をくれたそうです。
棟瓦と漆喰
こちらのお宅は、S瓦で施工されたお家です。

年数的にも、まだ問題ないと思いますが、台風②備えてという事で、依頼がありましたので、しっかりと見ていきます。

まずは棟瓦と漆喰を確認していきます。

棟瓦を固定するためにビスを打っていますが、緩んでいる所はないようです。ドライバーで締め具合を全部確認しました。
棟違い部分
漆喰も、今のところひび割れしている所もなく、しっかりと付いていました。

こちらの屋根は、切妻と寄棟の形を合わせたような形状をしています。

それで、棟が段違いになっている部分がありますので、複雑になっている部分は、施工ミスも起きやすいので、チェックしていきましょう!
軒天と瓦の取合い部
軒天と瓦の取合い部分ですが、軒天が水平に対し、瓦は大きな波型の形状なので、どうしても隙間ができてしまいます。

隙間をそのままにしておくと、鳥が巣を作ってしまいますので、色摩を埋めているかをチェックしましたが、きちっと埋めてありました。
棟瓦と漆喰
斜めの棟も同様に、瓦のビスと漆喰を確認していきます。

このくらいしっかりしていると、台風が来ても問題ないでしょう。
ケラバ瓦のビス止め部
棟瓦だけではなく、ケラバ瓦もビス止めをしています。

横から見ると、斜めに見え、雨樋がつかない部分になります。

ここも、台風で落下してしまうと事故のもとになりますので、大事な所です。
軒先と雨樋
軒先と雨樋の部分ですが、瓦のズレはありませんでしたので、軒先が綺麗な直線になっています。

また、雨樋がゴミなどで詰まっていると、樋から雨水が溢れ、鼻板や軒天などに水が廻り、傷めてしまうので、詰りのチェックも大事なんです。

軒先を、一周しましたが、詰りはありませんでした。

お客様に、結果を説明すると、安心されていました。

屋根は、何かが起きてからではなく、普段から定期的に見ることを推奨いたします。

その際は、街の屋根や名古屋南店に声を掛けて下さい!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957