東郷町|陸屋根の点検依頼がありました。築22年です。


陸屋根の全景
東郷町にお住いのお客様から、陸屋根の点検依頼がありました。築年数が22年になるお宅です。

前回のお手入れから10年以上経つので気になり始め連絡をくれたそうです。

早速お伺いし、屋根にのぼっていきます。
陸屋根の全景
前回は、ウレタン防水でお手入れされているようです。

ウレタン防水の場合は、トップコートがあまりもたないために、5~6年位でトップコートだけを塗って頂くのが理想ですが、なかなか、されている方はおりません。
温水器周辺の劣化
太陽熱温水器のパネルがありますが、タンクは別にあるタイプなので負担はかからないと思いますが、パネルの枠が錆びてしまうので、錆水が劣化を早めてしまいます。
シートの継目の劣化
シートの継目が劣化してしまい、裂けている所があります。
              
これではシートの内側に水が入り、躯体が水が浸みてしまいます。

こういった所が雨漏りの原因になってしまいます。
ドレン廻り
ここは排水ドレンになりますが、コーキングで補修した跡があります。

恐らく、シートが劣化により破れてしまったものと思われます。

他の部分が破れるよりもドレン廻りの方が、水が集まってくる場所なので、雨漏りに直結しやすいです。
ドレン廻り
こちらのドレンも補修しているようです。
            
やはり平場よりもドレン廻りの方が傷むのが早いですね。

まだ、コーキングで補修して頂いているので、マシな方ですが、気が付かずにそのままにされている方も多く見かけます。

立上り部分の劣化
立上りに部分ですが、シートに亀裂が入り、穴が開いてしまっています。

まだ、勾配の上の方なので影響は出にくいかもしれませんが、少なからず雨は入ってしまいますので放ってはおけません。
立上り部分の劣化
屋根の真ん中に鉄塔が経っており、その控えをとるために金具がついていますが、錆により劣化してしまっています。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957