オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風が通過しましたが、屋根の被害はありませんか?


トタンのめくれ

9月4日に来ました台風21号の影響により、連日、お問い合わせをいただいております。


瓦が飛んだ、スレートが飛ばされた、板金部分が飛んでしまった等、様々なお問い合わせで電話が鳴りっぱなしの状態です。


その中でのいくつかの例をお伝えいたします。

トタンの捲れ後

こちらのお宅は、瓦屋根の先にトタン部分がありましたが、台風の風により、トタンがめくれてしまいました。


防水紙も破れてしまい、野地板が見えてしまっています。


めくれてトタンがぶら下がってしまい、近隣の方に迷惑がかかるので、早急に処理するように警察に言われ、急いでネットで探しご連絡頂きました。







トタンの捲れ後
トタンは完全にめくれあがり、防水紙も飛んでしまい、野地板がむき出しになってしまっています。

捲れてからもかなり雨が当たっていたのでしょう。

翌日も、野地板が濡れていました。
養生後
めくれて野地板が見えていた部分に、ブルーシートで応急的な養生を致しました。

一時的ではありますが、これ以上、下地の板を傷めないように養生いたしました。
棟瓦のはがれ
こちらは、和瓦のお宅ですが、棟瓦が落下してしまっています。

幸いケガはなかったようですので、少し安心いたしました。

一通り屋根を確認していきましたが、地瓦は問題ありませんでした。
棟瓦のはがれ
棟瓦が飛んでしまい漆喰がむき出しになっていますので、漆喰の内側の土が流れてしまっています。

こういった所を歩く場合は、特に注意しないといけません。

足を滑らせ落下してしまう事ありますので、細心の注意を払い慎重に歩いていきます。


棟瓦を止めている釘浮き
残っている棟瓦も、よく見ていくと留めている釘がかなり浮いておりよく飛んで行かなかったなぁという印象です。

瓦をさわってみると、グラつくところがほとんどでしたので釘は全く効いておりません。


棟木の腐食
棟瓦をめくってみると、中の木材が腐食していました。

これでは、釘も効きません。

瓦を復旧するには、この木材をあやらしいものに替えませんと釘が効かないので、木材からのやり直しになります。

このままですと土がどんどん流れてしまうので、応急的にブルーシートで養生をしてきました。

これで工事に入るまでの間は、何とか凌げると思います。

皆様も自分の家や周りの屋根も見て、おかしいなと思ったら、無理をせず、街の屋根や名古屋南店にご連絡下さい!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957