台風シーズンになりましたのが、屋根の点検はお済ですか?


スレート棟板金の飛散
台風シーズンに入り、屋根に関してのお問い合わせが増えてきました。

昨年の台風21号、24号から屋根の被害が一気に多くなりました。

スレート屋根や瓦屋根、トタン屋根等いろんな屋根のお宅がありますが、屋根材によって症状が違ってきます。
スレート棟板金の劣化
スレート屋根やトタンの瓦棒葺きの屋根で多いのが、棟の板金が飛んでしまう事が多いです。

ほとんどのケースが中の木材まで腐食しており、釘が全く効いていないのが原因になっています。

残っている板も原形をとどめていないほど腐食している事もあります。
トタン屋根の板金の飛散
トタン屋根の場合も同様で板金が飛ぶことも多いです。

トタン屋根の場合は、屋根の勾配が緩い事が多いので、風の影響で逆水で逆流して、棟の板に雨水がまわってしまいます。

板金を留めている釘も短い釘を使っている事が多いので、余計に釘の効きが悪く抜けやすい状態になっている事も多いです。
板金の落下
剥がれ落ちた板金ですが、長さが長いまま飛んでしまう事もありますので、金属の塊が飛ぶわけですからかなり危険です。

敷地があるお宅はいいかもしれませんが、近隣に建物が密集しているところでは、危険度が増してしまいます。
スレートの欠け
スレートの劣化が進んでいますと、風を受けて割れてしまう事がありますが、スレートの欠片が無くなっている部分には釘を打っているところが見えてしまいます。

釘廻りから下地に雨が伝わってしまいますので、雨漏りの原因になってしまいます。
棟板金の釘浮き
板金が飛ばずに残っている部分でも、釘が飛び出ているところが多くあります。

たまたま塗装をされている場合は、接着剤代わりにくっ付いている事もありますが、それも時間の問題です。
棟瓦の外れ
また、瓦のお宅で多かったのが、棟の瓦が飛んでしまう事と漆喰が剥がれてしまう事です。

瓦が外れて飛んでしまう時には、スレートよりも重量がありますので、被害が大きくなってしまいます。
棟瓦が外れた部分
こちらも、中の垂木が腐食しています。

普段は瓦が乗って隠れていますので、腐食状況が分からない事が多いと思いますが、点検をしていますと、瓦を留めている釘が浮いたりしていますので、気がつくことができます。

大ごとになる前に状態を把握し適切なお手入れをすることが大事です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

北区にアパートを所有されている方から、瓦がずれて雨漏りしたようなので見てほしいと連絡がありました。所有者は、普段東京にお住まいですが、弟さんがこちらにお住まいで、管理会社から連絡があり、急いでネットで調べ、連絡をくれたそうです。

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957