オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名古屋市 緑区|屋根の点検の依頼をお受けいたしました。


名古屋市 緑区 「新築から12年が経ちまわりの住宅では外壁の塗装などいろんなメンテナンスをされるところが多くなってきています。自分のところもそろそろメンテナンスをしていかなければいけないと思い今回は屋根の点検を依頼しました。」とのお話を受けましたのでお伺いいたしました。
CIMG4990_R
CIMG4991_R
大屋根の最上部まで登ってまいりました。寄棟の粘土瓦屋根の仕様でした。屋根材といってもいくつかの種類があります。粘土瓦・スレート瓦・セメント瓦・金属瓦と大きく分けて4種類あります。今回はその中でも粘土瓦といって粘土を焼いて作られたもので粘土瓦にも種類があり、粘土を成形したあと釉薬をかけて窯で高温で焼いた釉薬瓦(表面が釉薬によりガラス質になっていて水を浸透させることがないので耐久性能が高くほとんどメンテナンスが必要ないです。もうひとついぶし瓦というものがあり粘土を成形するまでは釉薬瓦と同じですが、窯でいったん焼いたあと蒸し焼きにして表面に炭素膜を作らせるという工法で作られた瓦です。今回のお客様の屋根材はいぶし瓦と同じく釉薬を施さずに素のままで焼き上げた素焼き瓦でした。色あいも自然な感じで洋風にしたい方はこの屋根材を選んでいただくと良いかと思います。
CIMG4992_R
棟瓦にはシーリング材が施されていました。
CIMG4993_R
屋根の側面のケラバ瓦にもシーリング材が塗られていました。何故でしょうか・・・?
CIMG4997_R
漆喰の状態もすべて確認させていただきました。
CIMG4998_R
割れているところもなくまだしっかりしていました。
今回の点検では異常箇所は見当たらなかったので安心しました。このように何か起こった時に見てもらうのではなく何かあっては困るので見るといった予防診断がある程度の定期的に行われさえすれば雨漏りになる可能性は低くなると思いますので皆さんも屋根に対する意識を少し持っていただき安心して住める住宅を目指していただければと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根点検

瀬戸市にて二階建て瓦屋根の点検を行いました。以前に、屋根は知り合いにメンテナンスしてもらったそうですが家が森に囲まれており葉っぱが積もっていたり落下物が当たって割れていないか心配されっていたので確認していきます。

屋根の全景

弥富市にお住まいのお客様から、棟の瓦が外れ、屋根の上に転がっているので直してほしいというお問い合わせがありました。先日の台風によって外れてしまったようです。その時に他の部分も大丈夫か見てほしいと依頼を受けました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957