オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

愛知県大府市|スレート瓦って割れてくるんですか?


愛知県 大府市 電気代節約のためとエコ時代に乗るために太陽光発電を最近設置しました。太陽光発電を設置する時にも説明を受けたのですが、スレート瓦屋根は10年はもたないぞ!と覚悟を決めていました。実際メンテナンスにはお金をかけたことがなくどのようにすればよいのか全くわからない
1-columns2
太陽光発電は不具合もなさそうで電力も今のところ大丈夫で綺麗に並んでいます。
3-columns2
と思ったら軒先のほうのスレート瓦が不具合が出てきた
2-columns2
4-columns2
屋根の上に登って来ました。まずはスレート瓦というものがどういったものなのかを見ていただきましょう。表面の剥離はなさそうです。スレート瓦は10年もすると紫外線の影響などで割れたり浮いてきたり急速に劣化が進む場合があります。そうならないように最低限のメンテナンス(塗装)はしてあげてほしいです。
5-columns2
寄棟屋根なので棟から軒に流れる部分は瓦ではなく棟板金と言われるもので俗に降り棟といいます。
6-columns2
接写してみる接合部が少し外れそうになっているのが気になりました。接合部をコーキングで埋めてあげれば一時的には固定されるでしょう?
そして当社では、この様にブログ撮影をさせて頂ける方、屋根の無料点検・診断を致しますのでご依頼をお待ちしております!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957