オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市瑞穂区で折半(せっぱん)屋根施工してます。その1


折半 屋根
名古屋市瑞穂区で折半(せっぱん)屋根を施工しています。
折半(せっぱん)屋根とは、皆さんもどこかで一度は見たことがある、あのナミナミの屋根です。
大型の車庫なんかではよく使っています。

今回は瑞穂区で鉄骨造4階建ての事務所ビルを作っています。今日はその屋根をご紹介します。

折半屋根1
4階建ての建物の高さは、約15mです。材料を上にあげるのも一苦労なので、クレーンで『びゅーん』とあげていきます。
折半工事2
クレーン作業は安全にすごく配慮しています。
歩道を通行する方が安全に通行できるように、そして作業が安全に円滑にスムーズに進むように、ガードマンさんも気を配っています。


では、屋根のあるところに行って見ましょう。
ここでの作業はもっとも危険です。
安全確保のため、作業を行う前にいろいろと下準備が必要です。
落下防止のネットをつけたり、綱を渡したり・・・。結構準備も時間がかかります。
落下防止ネットは、作業員が誤って足を踏み外したりしたときにも受け止めてくれますが、
材料や工具を誤って落としてしまったときにも、それを受け止めます。
ネットは下で作業をする人のための物でもあり、すごく大切なものです。
折半屋根3
ちょっとネットで見ずらいですが、しっかりネットが張られています。
折半屋根4
親綱支柱(おやづなしちゅう)親綱(おやつな)です。
ロープのようなものが、建物の端から伸びています。
親綱(おやつな)とは職人さんがつけている、安全帯(命綱のついたベルト)を引っ掛けるためのロープです。
この作業を終えると、やっと折半(せっぱん)屋根の施工ができるようになります。

折半屋根5
さぁ、作業開始です。
まず、鉄骨の上に『タイトフレーム』という部材を溶接します。
『タイトフレーム』とは折半(せっぱん)屋根を支える大切な部材です。
折半屋根6
どうですか?
きれいに一直線に並んでいますね。
完璧です!!
本日はここまでです。
次回も続きがありますので、楽しみにしていてください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

平板瓦点検

大治町で瓦が一枚飛んだので屋根修理をして欲しいと依頼があり点検に行ってきました。かなり急勾配の平版の瓦で珍しい屋根でした。

カラーベスト塗装済み

今回は名古屋市南区の築25年、化粧スレート瓦で10年前に外壁と一緒に塗装したままの屋根のお話です。お客様から点検依頼の連絡があり、「近所の屋根やさんに屋根点検を依頼したら滑るので登れないとその業者さんに言われたんですが、お宅は登れますか?」...........

離れの屋根の全景

江南市にて自宅の離れの屋根を、自分でシングル材で施工したが、先の事を考えると年なので、手のかからないカバー工事を考えているとご相談がありました。器用なご主人様でいろいろご自身でやってこられたそうですが、いい加減もうしんどいのでカバー工事を検...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957