オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市 緑区|カラーベスト屋根 大家根の一番高いところ


名古屋市 緑区|カラーベスト屋根 大家根の一番高いところにある棟(屋根と屋根の境目)を被せてあるものは棟板金というものです。棟板金はガルバリウム鋼板というもので作られており実に耐用年数は20年とも30年とも言われています。
棟板金
さっそく大屋根の一番高いところまで登って来ました。見てみてビックリしました。棟板金が貫板が完全に見えるくらいまで捲れているではありませんか!
棟板金
自分の手をこの隙間に入れて見ました。スッポリと入ってしまいました。ただ貫板がまだ腐朽していなさそうなのでよかったです。長年の間に棟板金を固定している釘が少しずつ抜けてきていくつも無くなってしまったのでしょう。この状態ですと台風がくれば一発で飛んでってしまうでしょう。棟の間には屋根面と屋根面とのつなぎ合わせの隙間があいていますので雨漏りしてもおかしくないです。
棟板金
こちらは先ほどと同じ板金を使用していますが、場所が棟のなかでも降り棟といわれるところになります。降り棟がある屋根の形状は寄棟屋根です。屋根の面が4方向にあり切妻屋根より棟を寄せて作られた屋根形状です。
棟板金
降り棟も大棟と同じく釘がぬけて隙間があいてきています。このままでは貫板が腐朽してしまって更に棟板金が落ちてしまうリスクが増えます。今の状態なら釘を打ってさえあげればしっかりと固定されるのではないかと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957