大府市|ユーザー様の定期点検 築15年のS瓦


屋根の全景
大府市にお住いのユーザー様の定期点検に伺いました。

昨年、外壁塗装工事でお世話になったお客様で屋根に蝙蝠がいるみたいという事で、塗装工事の時に隙間を埋めましたが、確認して欲しいとの事でした。

時々、蝙蝠の糞が落ちているので気になっているそうです。
屋根の全景
外壁の塗装の確認の確認が終わったあとで、屋根を見ていきます。

まだまだ大丈夫だとは思いますが、屋根の蝙蝠を気にされていましたので、両方を確認していきます。


谷部の補修跡
壁の塗装工事の時に、屋根の蝙蝠が気になるという事で、足場がある時に網を張った部分になります。

このS瓦は波形状が大きいので、谷が出来る形状だと鳥や蝙蝠が入りやすくなってしまいます。

ですので、波の大きな部分に網を張ったのと、細かい部分には発砲ウレタンを使用し、隙間を埋めています。
谷部の補修跡
以前に、別な業者に頼んだときにはスポンジ状の物を詰めたそうですが、結局全部取れてしまったので、取れないようなもので希望されていましたので、発砲ウレタンと網を使って隙間を埋めました。

1年くらいではありますが、変わった様子もなくしっかりとしていました。
棟瓦の端部
棟瓦の端部分になりますが波形状が大きいため隙間ができてしまいますので、ご覧のように発砲ウレタンの注入し、隙間を埋めています。

発砲ウレタンは、注入後に膨張しますので細かい部分にも入り込んで隙間を埋めてくれます。

そのままでは目立つので、塗料を塗っていましたが、塗膜は剥がれていますが、ウレタン自体はまだ大丈夫そうです。
棟瓦の端部
先端の部分は、中が空洞になりますので意外と量がはいってしまいます。

中の詰め物をすることにより、瓦の落ち着きが良くなりました。意外な効果です。

瓦の方も一緒に確認していますが、ひびや欠けなどはなく、ビスの緩みもありませんでした。
軒先の面戸
ここは軒先の部分になりますが、通常は瓦を重ねた形に合わせて面戸という部材があり、隙間が無くなるようにしていますが、割れたり、取れてしまう事も多く、気が付かない事が多いので、知らぬ間に傷んでしまっていたという事が良くあります。
軒先の面戸
ここも、上の方が割れてしまい隙間ができていましたので、発砲ウレタンを注入してありました。

完全にふさいでしまう事はNGなので、わずかな隙間を残し施工しています。

なるべくお客様のお困りごとには、対応するようにしています。

特に屋根の上の事は、自分では確認できない事だと思いますので、もしも、不安を感じた時には、街の屋根や名古屋南店まで!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

北区にアパートを所有されている方から、瓦がずれて雨漏りしたようなので見てほしいと連絡がありました。所有者は、普段東京にお住まいですが、弟さんがこちらにお住まいで、管理会社から連絡があり、急いでネットで調べ、連絡をくれたそうです。

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957