オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大府市|屋根の点検に伺いました(スレート)


スレート全景

大府市にお住まいのお客様から、屋根の点検依頼がありました。


築15年を過ぎ、周りの同じ年数の家が手を入れ始め、だんだんと気になってきたので、連絡をくれたそうです。


スレートの屋根の方は、10年以上経ってくると気にし始める方が多くなってきますね。

スレートのカビ・苔

屋根にのぼってみると、表面の防水が切れ、劣化し始めています。


ところどころ白く見えるのが、塗膜が劣化しているところです。


こういった部分から雨を吸ったり、紫外線にあたり、劣化していきます。

軒先の苔

良く見ていくと、黄色い斑点がありますが、これは、カビになります。


なかには、錆びてきたと思われている方がいますが、金属ではないので、錆びることはありません。


もともと、表面は、ザラザラしていますが、防水切れと、紫外線により劣化し、目が粗くなり、カビなどの菌が付着しやすくなり、繁殖してしまいます。

軒先の苔

スレートは、縦方向には重なり部分がありますが、横方向には重なっていませんので、スレート材が反ってしまう事があります。


そうすると、浮いたように見えます。


影が濃くなり、太く見える部分が、反ってしまっている所です。

ケラバの釘浮き

また、見落としがちなのが、ケラバの役物を止めている釘が浮いている事があります。


なかには、板金がぶら下がるように外れてしまっている家を見る事があります。

軒天の汚れ

そうすると、軒天と呼ばれる屋根の裏側にも水が廻りやすくなり、染みになってしまう事もあります。


1箇所が傷んでしまうと、その影響で違う所まで傷んできます。

竪樋金具の錆

雨樋の確認をしていて気付いたのが、縦樋を固定する金具を打っている壁に、ひびが入っていました。


こういった事は、屋根に上らないと、気付かないので、屋根の状況と一緒に報告致します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957