大府市|築35年の陸屋根ですが、雨漏りが酷くなったので…


室内の雨漏り
大府市にお住いのお客様から「築35年の陸屋根ですが、雨漏りが酷くなってきたので見てもらえますか?」という連絡がありました。

随分前から雨染みが出ていたようですが、最近になり一気に拡がり天井が抜け落ちたので、慌てて連絡をくれたそうです。
陸屋根の全景
まずは、室内の雨漏り箇所を確認致します。

玄関を開けると、すぐ上の天井が抜け落ちていました。

他にもありましたが、ほぼ全体にありましたので、屋根にのぼって確認致します。


屋根の補修跡
屋根にのぼってみますと、凄い事になっていました。

陸屋根という平らな屋根ですが、鉄骨が散在しており、よく見るとゴムシートがかなり浮いていましたので、押さえるためにお客様が乗せられたようです。

また、シートの継目の部分のほとんどにコーキングが打ってありました。

雨漏りした際に補修されたのだと思います。
屋根の補修跡
シートもかなり浮いており、鉄骨で無理に押えていますので、よじれている所があります。

コーキングで補修した部分も引っ張られて、亀裂が入っている所が多くありました。

ゴムシートの剥がれ
中には、完全に破れてしまっている所がありました。

しかも、排水ドレンの付近ですので、雨水が一番集まるところですので、漏れるもの納得です。

躯体はコンクリートですので、雨が入ってしまうとどこに漏れるかが非常に分かりづらいのです。


ゴムシートの剥がれ
ここも。排水ドレンの部分が破れてしまっています。

ドレンのゴミ除けの金具も錆でボロボロになっています。

今までは、応急な処置で何とかごまかしてきたと思いますが、さすがに部分補修では難しくなっています。
ゴムシートの浮き
破れていないシートも浮いてしまい、立ち上がりの部分が斜めになっています。

本来は直角に立ち上がっていますので、L型が三角形になっている感じです。
笠木の傷み
笠木の部分も、錆が酷く釘が浮いてしまっているのと、継目のコーキングが劣化して剥がれています。

このままでは床の防水しても笠木から雨が入ってしまいますので、笠木も交換が必要です。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

南区のユーザ様の近所の方から雨樋の相談の連絡がありました。良く話を聞くと、昨年の台風の時に工事をさせて頂いたお客様とお友達で、雨樋の水が裏の家にポタポタ落ちてくると云われ、ユーザー様に相談すると、私を紹介してくれ連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957