愛知県 大府市|築年数が20年の化粧スレートの診断依頼


棟板金の三又部
愛知県大府市にお住いのお客様から、屋根の診断依頼がありました。

築20年の化粧スレートのお宅で、一度もお手入れされていないという事でした。太陽光を乗せる際にも何も言われなかったので気にしていませんでしたが、さすがに20年経つと気になり始めたので、連絡をくれたそうです。
棟板金の釘浮き
早速お伺いして、屋根の状況を診断したします。

20年の間、手を入れられていないという事で、表面の地膜の劣化は否めません。色がかなり薄くなり、防水性もほとんどない状態になっています。

まずは、板金部分から診断致します。

棟違い部分
板金を止めている釘がかなり浮いています。

三又になっている所や、段違いになっている部分にコーキングを打っていますが、紫外線により劣化してしまい、部分的に剥がれている所がありました。

細かい所ですが、雨漏りに繋がる部部になりますので、しっかりとチェックします。
ケラバの釘浮き
こちらは、ケラバと呼ばれる屋根の端の部分になりますが、ここの釘も浮いています。

化粧スレートの場合、屋根の端になる部分は、どうしても板金で処理する施工になりますので、年数により、釘が浮いてしまう事がほかのお家でも多く見られます。
スレートのひび割れ
思ったよりは少ないようですが、やはりひび割れがありました。

色が濃くなっていますので、雨水を吸い込んでしまいスレートに湿気が溜まりひび割れの部分が濃く変色しています。

写真のように、横に入っているひびは、経年劣化によるものです。ちょうど横にひびが入っている下にスレート止めるために打っている釘が隠れています。
スレートのひび割れ
その隠れている釘に湿気がまわると、釘を通し下地の木材までしっぇがまわります。

木材は、湿気を反ったり吐き出したりを繰り返すたびに、反りが出てしまいます。

そうなると、スレートが歪みで浮いてしまう事になり、余計な隙間ができ、また、雨水が入るという悪循環になり、傷むスピードが早くなってしまいます。
化粧スレート自体も経年劣化により、ひび割れやスレートの浮きなどの傷みもありますが、下地の方まで湿気がまわり影響していますので、塗装、もしくはカバー工法でのお手入れが必要な状態です。

まだ、雨漏りはされていないという事ですが、経験上同じような状態のスレート屋根で雨漏りしている現場をいくつも見てきていますので、早い時期にお手入れされることが望ましいです。

屋根の塗装とカバー工法の2種類をご提案致しました。

屋根の事で少しでも気になった時は、街の屋根や名古屋南店までご相談ください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957