オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

愛知県 大府市|新築から12年 屋根の下の天井に穴があいている


軒天
家を建ててから5年ほどで軒天に染みっぽいところがあったのですが、今までたいしたメンテナンスも診断もしたことがなかったため、最近穴があいているのをみてビックリしました。まずは遠目からのアングルでどのような場所が傷んでいるのか見てみましょう。
CIMG4182-columns2
こちらの写真はケラバと言われる板金部分と破風板と呼ばれるところの写真です。破風板はどんな役割があるのか?知らない人もたくさんいると思うので少しご説明をさせていただきます。屋根と言うものは瓦が敷いてあるので上からの雨などには強いのですが、下からや横からの風などには弱いので雨漏りとなる要因になると言われています。
軒天
軒天部分に穴があいています。これは最近発見したみたいですが、5年程から雨染みがあったと仰っていました。下から見てみるとポッカリ穴があいているのがハッキリと分かります。
軒天
穴の奥にカメラを突っ込んでフラッシュをつけて撮って見ました。長年少しずつ雨水が入っていたのでしょう。中の木が腐朽しているではありませんか。ほっとけば築12年でこれほど傷んでしまっては大変なことになります。何千万も出して購入したお城をこんなことくらいで住めなくしてしまってはいけません。軒天を剥がし中の腐朽した木を撤去して新しい木をつなぐ工事になります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957