日進市|台風が過ぎた後に屋根の点検依頼がありました


瓦屋根の全景
日進市にお住いのお客様から、屋根の点検依頼がありました。

築年数は13年ですが、今回の台風は風も強かったので、台風が過ぎた後が心配になり連絡をくれたそうです。

近所でも被害があったので余計に気になったそうです。
瓦屋根の全景
こちらのお宅では、直接被害があったわけではありませんが、台風の後はどうしても心配になるそうです。

というわけで、早速お伺いし屋根を確認していきます。

こちらのお宅は、瓦屋根で、S瓦という波の大きなタイプの瓦を使用して葺かれている屋根になります。
棟瓦の状況
まだ、築年数が13年という事もあり、歩いた感じもしっかりしています。

棟瓦を固定しているビスの緩にもありませんでした。

ところどころ白っぽくなっている所がありますが、特に割れや欠けている所はありませんでしたので、問題ありません。
棟瓦と漆喰の状況
棟瓦の部分を横から見たところです。

棟瓦と地瓦の間に三日月状の隙間ができてしまいますので、その部分を漆喰で埋めます。

中には、棟瓦を固定するために角材がありますので、その角材を守るように漆喰で覆い被せます。

漆喰の傷み
ほとんどの漆喰は大丈夫でしたが、一部の漆喰が割れていたり、カビが生えている所がありました。

漆喰が白いので、カビが生えると目立ちます。

すぐにではありませんが漆喰のお手入れは時期を見て必要になります。
軒先の漆喰状況
棟瓦の先端部分になります。

この部分は漆喰を止める部分が無く、空洞になっていますので、発砲ウレタンで隙間を埋めているようです。

この部分は、何もしない職人が多いので、気の利く職人が施工されたのだと思います。
瓦の状況
このタイプの瓦は、1枚づつ釘打ちしていますので、余ほどの事が無いかぎりズレることはありません。

全体を見回しても、瓦のズレはありませんし、欠けたりしている部分もないようです。
棟瓦の先端
ここの先端部分にもウレタンを詰めてくれています。

何もしていませんと、鳥が巣を作ったりしてしまいます。

こういった気遣いのおかげで、鳥の巣も全くありません。

台風の影響もなく、全然異常はありませんでした。

皆様も、屋根の事で少しでも気になることがありましたら、街の屋根や名古屋南店まで、ご相談下さい!



この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

北区にアパートを所有されている方から、瓦がずれて雨漏りしたようなので見てほしいと連絡がありました。所有者は、普段東京にお住まいですが、弟さんがこちらにお住まいで、管理会社から連絡があり、急いでネットで調べ、連絡をくれたそうです。

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957