オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市 緑区|家を建ててから12年 粘土瓦 洋瓦(スパニッシュ)


名古屋市 緑区 家を建ててから12年 粘土瓦 洋瓦(スパニッシュ)です。日本には3大瓦の産地があります。今回は愛知県の西三河地方の三州瓦という瓦を使用しています。耐用年数はだいたい30年から50年と言われています。
スパニッシュ
さっそく屋根の上に登って来ました。屋根の形状は棟がいくつかに分かれている切妻屋根です。屋根材は粘土瓦の中の洋瓦(スパニッシュ瓦)通称S型瓦ともいいます。
スパニッシュ
日本には数多くの瓦の生産地がありますが、三州瓦(西三河地方)石州瓦(島根県)あわじ瓦(兵庫県)の三大瓦生産地で日本の瓦の90パーセントを生産しています。今回の洋瓦(スパニッシュ瓦)は大正時代から三州で開発されたと言われています。軒先にも役物の瓦を使わず棟も熨斗瓦を使わず冠瓦のみで仕上げる仕様になっています。
スパニッシュ
屋根の端の袖瓦にコーキングが打たれています。今まで誰も屋根に登ったことがないようなので新築の時に職人さんが少し緩んでいた袖瓦を固定するためにコーキングを打ったのかな?と思います。
スパニッシュ
棟から軒先にかけて雨水を雨樋に流し込んでくれる役目をする谷と言われるところです。
スパニッシュ
冠瓦の下には土が盛ってあって側面は漆喰で埋めています。
スパニッシュ
南蛮漆喰というものでされていました。まだ割れているところもなく外れているところもなく問題はありませんでした。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957