名古屋市天白区|太陽光パネルをのせたスレートのお手入れの相談ですが…


屋根の全景

名古屋市天白区にお住まいのお客様から「太陽光パネルをのせたスレート屋根のお手入れの相談ですが、何社か聞いてみ谷ですが、バラバラな事を言っているので何がいいか分からないので、一度見てもらえますか?」という内容でした。


築年数が12年とおっしゃっていましたが、太陽光をのせて5年くらい経っているそうです。

屋根の全景

早速、お伺いして屋根にのぼってみます。


東西の2面に太陽光パネルがびっしりと載っていました。


カーポートの屋根にものせていて、10キロ以上あるそうです。


手前の方は、パネルがあって分からなかったのですが、スレートはパミールという屋根材を使用していました。

スレートの劣化

このパミールと言う屋根材は、ほかのスレートに比べ劣化が早いと言われている商品です。


早ければ、6~7年で劣化し砕けるような感じになってしまいます。


ミルフィーユ上に何層か重ねるようになっていて、それがどんどんめくれてしまっています。

スレートの劣化

ですので、通常よく見かけるひび割れは少なく、砕けるように割れている部分がほとんどです。


こうなっては、塗装しても何の意味もありません。


塗ったところで、塗膜ではなく、スレート自体が砕けて剥がれてしまいます。


パミールと分かっていて塗装も進めるような業者は、屋根材の事は詳しくない業者と思って下さい。

劣化による剥がれ

ご覧のように、塗膜と言うよりは屋根の素地ごと剥がれており、捲れてしまっていますので、破片が屋根の上にたくさんあります。



剥がれおちた破片
このように谷の部分や雨樋の中に欠片が溜まってしまうと、水の流れが悪くなり、他の部分が傷んでしまう事があります。
劣化による捲れ
また、これだけ捲れてしまうと、風を受けやすくなり、捲れた部分はかなり脆くなっていますので、どんどん割れてしまいます。

こうなっては、手を付けられません。

早目にカバーをするか、全部を剥がし、別の屋根材で葺き直すしかありません。
劣化による捲れ
こんな状態ですので、人が歩くだけでも割れてしまう可能性があります。

信頼のおける業者に見てもらい手当をするしかありません。

自分の家の屋根がどんな建材を使っているか不安なときは、街の屋根や名古屋南店までご相談ください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957