名古屋市天白区|棟瓦および漆喰工事の現場に確認に行きました


棟の南蛮漆喰塗り

名古屋市天白区で棟瓦と漆喰の工事をしている現場の進捗確認に行ってきました。


元々棟は板金で施工していましたが、板金が外れてしまったのをきっかけに瓦に変えることになり、漆喰も一緒に工事する事になりました。

棟の南蛮漆喰塗り

現場に着いた時には、棟垂木の交換が終わっていて漆喰をやりはじめた頃に到着しました。


漆喰と言うと、皆さん白いものを思い浮かべると思いますが、今回使用するのは、南蛮漆喰と言う黒い漆喰を使います。


従来の白い漆喰に比べると、南蛮漆喰の方が丈夫で、長持ちしますので、最近では、こちらのタイプの物が多く使われています。

棟瓦の積み前

水平な本棟だけではなく、斜めにある隅棟も一緒に施工致します。


元の板金が外れてしまったのは、この隅棟の部分でした。

棟瓦の積み前

板金の部分が、風を受けやすくその影響で板金を止めている釘が緩み、浮いてしまいます。


また、釘を伝わって中の垂木に水が廻ってしまい腐食が進み最終的に板金が、風で飛んでしまいました。

棟瓦の積み前

それで、この際に板金部分を瓦に変えることになりました。


瓦にすると、風で飛んでしまう事もなくなり、安心して頂けます。


地瓦と棟瓦の隙間には、漆喰がありますが、中の垂木が傷んでいましたので、交換し、漆喰も新しくやり直しました。

棟瓦を積んだ後

あとは、棟瓦をのせてビスで固定すれば、完成になります。

和瓦と違い、杯盤瓦の場合は、漆喰がほとんど見えませんが、垂木の沿って、しっかりとコテで押さえていますので、傷みはそれほど出ません。



棟瓦を積んだ後

棟瓦で、ほとんど隠れてしまいます。


瓦をビス止め知する際も、強く締めすぎると瓦がわれたり、漆喰が崩れたりします。


絶妙な締め加減で固定していくのが、職人技です。


あとは、汚れた瓦を掃除して、完了になります。その際、瓦についた足跡も綺麗にしていきます。


放っておいても自然に汚れは落ちますが、やはり綺麗な状態でお客様にお引き渡ししたいと思っています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957