名古屋市昭和区|台風で瓦飛んでしまったので直してほしい


屋根の全景

名古屋市昭和区にお住いのお客様から「台風で瓦が飛んでしまったので直してほしい」というお問い合わせがありました。


瓦がセメント瓦で年数も40年以上経っているそうですので、あまりお金をかけずに直したいという内容でした。

屋根の全景

早速、お伺いし屋根を拝見いたします。


瓦は、今ではほとんど見かけなくなったセメント瓦を使用しています。


特に、この平板タイプは劣化しやすい傾向にあります。


この瓦を見かける時は、年数もかなり経っていますので劣化状況も酷くなっている事が多いです。

屋根の全景

この瓦に乗るときには、非常に気を使います。


劣化が激しい事が多いので、割れてしまう可能性が高いのと、下地の板も腐食していますので、歩く所が限定されてしまいます。



瓦の割れ

実際に、この様に割れてしまっている瓦がいくつもあります。


このように、傷みが激しい時には不格好ではありますが、四つん這いになって移動します。


少しでも荷重を分散させるのと、万が一割れた時に対処しやすいためです。

棟瓦の割れ

棟の瓦にもひびが入っています。


ここは人が上がる場所ではありませんので、経年劣化によるものです。


瓦がずれてしまい歪んで見えます。そうすると余計な隙間ができてしまい瓦の中に水が入ってしまいます。

下地の木材の腐食

実は、屋根にのぼる際に梯子を掛けたところがこの場所で、下地が腐食しているのが見えてしまったので、余計に恐怖心が出てきました。



下地の木材の腐食
軒先と雨樋

この状態で直そうとすると、一度瓦を降ろし、下地の腐食した部分を補強しなくてはいけません。


そうなると、予算がどうしても掛かってしまいます。


出来ればこうなる前に、お手入れをして欲しいものです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957