名古屋市昭和区|雨漏り調査の依頼がありました。築40年の和瓦です。


室内の雨漏り
名古屋市昭和区にお住いのお客様から、雨漏り調査の依頼がありました。築年数が40年の建物で、和瓦で葺いているお宅です。

以前に増築をされているそうですので、その部分の可能性が高いと思うので見て欲しいという内容でした。
室内の雨漏り
早速、予定を調整をしてお伺い致しました。

まずは、室内の状況から確認していきます。

雨染みの状況を確認したところ、今回が初めてではないということした。

1階のリビングと隣の和室の天井に雨染みが数か所あるようです。
2階のサッシ廻り
リビングと和室の上が、屋根と2階の壁になりますので、順番に確認していきます。

瓦と壁の取り合いの部分に雨押え板金がありますが、通常のよりも大きな物で施工しています。

通常は、瓦の下にも水切り板金があり壁の中に立ち上がっていますが、サッシの関係で壁の高さがありませんので、確認できませんでした。
壁際板金の状態
板金部分に段差がありましたので、反対側から確認したところ、隙間にコーキングが打ってありました。

ただし、コーキングが打ちっぱなしで押さえていませんので、若干は雨が入るかもしれません。


戸袋枠のひび割れ
ここは戸袋の枠の部分になりますが、壁にひび割れがありコーキングを打っていましたが、全部を埋めていませんので、雨が入ってしまいます。

ちょうどこの下が和室で、天井がぶよぶよになっているところがありましたので、間違いないと思います。
2階のサッシ廻り
ここは、2階のサッシ廻りになりますが、壁とサッシの間に隙間があり、中が見えていますので、風向きによっては雨が入り、漏ってしまうと思われます。

ここも、雨漏りの原因の一つになると思います。
下屋根の様子
瓦の中間部の下に雨染みがありましたので、瓦の状態も確認していきます。

見たところ、大きなずれや浮きはないように見えますが、年数は立っていますので、年数なりの痛みはあります。

ただ、これといったピンポイントでの原因になりそうな箇所はありませんので、場所を特定するのは難しいです。
サッシ廻りの壁の劣化
いくつかのあたしいところはありますが、原因の箇所を特定するまでには至りませんでした。

下地の板が傷んでいるので、雨染みができていますので、直そうとすると、一度、瓦をはがさないといけません。

この建物をどうするかによって、お手入れ方法も変わってくると思います。

街の屋根や名古屋南店では、ご希望に合わせてのご提案を心がけています。安心してご相談ください!




この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

豊明市にてスレート屋根の台風前に診断依頼がありました。外壁は一度塗りましたが、屋根は手を掛けなかったので不安になり連絡をくれたそうです。色あせもあり壁が綺麗になって目立つようになり気にするようになりました。

ノンアス化粧スレート

名古屋市緑区在住のお客様から築10年未満の化粧スレート屋根の診断依頼があり行って参りました。10年未満とは仰っていますが実は途中入居の為、正確な年数はわからないが前のオーナーからは10年は経ってないとだけ聞いていたらしいです。実はこの時代の...........

屋根の全景

中村区にて雨漏り調査の依頼がありました。築70年くらいの古い建物で、2年前に一度ラバーロックのお手入れをされたようですが、先日の強い雨で雨漏りをしてしまったそうです。それまでは、雨漏りは最近は特にしていなかったようです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957