オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市西区にて築10年以上の瓦屋根で雨漏り、相談依頼


瓦屋根の全景
名古屋市西区にお住いのお客様から「雨漏りを直したいのですが相談にのってくれますか?」というお問い合わせがありました。

築年数が60年以上経つお宅で、7~8年前から雨漏りしていたようで、ようやく直すことになり、連絡をくれたそうです。
瓦の沈み
出来るだけ早い方が良いという事ですたので、すぐにお伺いし、屋根を見ていきます。

屋根にのぼってびっくりしたのが、瓦の下地が落ちてしまい、穴が開いていました。

本来であれば、瓦がずれても下地の板が見えるのですが、長年時間が経っているので、下地の板も腐食してしまい穴になっていました。
鬼瓦が落ちかけている
棟瓦の両端にある鬼瓦が、落ちてしまいそうなくらい傾いています。

裏側を銅線で固定しているので、辛うじて止まっている状態です。

また、ここまで棟を高く積んでいる瓦を久しぶりに見たような気がします。

最近では、瓦の重量を気にされ、棟を低く抑える方が多いです。
棟瓦の漆喰の剥がれ
こちらは、入母屋がさらに複雑になった形状になっています。

その斜めにある短い棟ですが、手前の方には、本来漆喰が塗られていて、土が流れるのを防いでいますが、漆喰が取れてしまっているので、土が流れてしまっています。
瓦のズレ
反対側も見てみると、同じように瓦がずれ、穴が開いている所があります。

ずれた瓦もよじれる様にずれていますので、並びが蛇行しています。
瓦のズレ
これだけ瓦がずれてしまうと、普通に雨が瓦の中に入ってしまいます。

ある程度は、下地が防いでくれいたと思いますが、かなりの年月が経っていますので、雨漏りはしておりだんだんと酷くなっているそうです。

お客様が思っている以上に予算が掛かりそうですので、事前にお伝えいたしました。
瓦のズレ
絵前の棟が高い部分が、今回の依頼主の屋根になりますが、重なりの部分がずれてしまい、かなり蛇行しています。

瓦自体も経年劣化により、欠けたり、かさぶたのように割れているものがたくさんありました。
棟瓦の崩れ
こちらは軒先部分になりますが、かなり複雑な形状をしていますので、細かい役物の瓦が多く、崩れてしまっている部分が多くありました。

これだけ傷んでしまうと、瓦だけではなく下地の木材まで触ることになりそうですので、お客様にもその旨をお伝え致しました。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市瑞穂区にお住まいのお客様から、陸屋根の防水を検討しているので見て欲しいというお問い合わせがありました。築年数が40年近く経つお宅でしばらくお手入れをしていなかったのでそろそろと思いいろいろ調べて連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

屋根の全景

名古屋市南区にて屋根工事をさせて頂いているお宅の周辺にチラシを配っていると、お問い合わせのお電話を頂きました。何でも、1週間前に知らない業者が「屋根が浮いていますよ」と言ってきて勝手に屋根にのぼり、今やらないと大変ですよと言われたが信用でき...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957