名古屋市守山区|台風の後で雨漏りが酷くなったので見て欲しい


屋根の全景
名古屋市守山区にお住いのお客様から「台風の後、雨漏りが酷くなってしまったので見て欲しい」と連絡がありました。

もともと何度か雨漏りしていたようですが、酷くなったのと、天井の壁際からポタポタと音がすることがあるので見て欲しいという内容でした。
漆喰の剥がれ
築年数も20年以上経つそうですが、一度もお手入れはされていないそうです。

早速、お伺いし状況を確認していきます。

まずは、屋根にのぼり確認します。

セメント瓦の一種ですね。

現在では、ほとんど製造されていない瓦です。


瓦の割れ

瓦の表面もカビ・苔の覆われかなり傷んでいます。


この部分が、瓦が重なっている下の部分が割れて下に落ちてきています。


普通は、上の瓦が割れる事が多いのですが、珍しく下の瓦が割れています。

瓦のズレ

これも珍しい症状です。


セメント瓦は1枚1枚を釘で打ち付け固定していますので、あまりずれることは無いのですが、こちらはずれてしまっています。


しかも、下にではなく、上にずれています。


これは、想像ではありますが自然なものではないような気がします。

瓦のズレ

南面の方は、カビや苔は少ないのですが、紫外線により表面の塗膜が傷んでしまい、色が抜けるような感じで白っぽくなってしまっています。


このような状態になると、防水性は無くなってしまい瓦に水が浸みこんでしまいます。



軒先と雨樋

北面の方は、カビと苔で黄色や黒に変色しています。


セメント瓦は、水を吸ってしまうとなかなか外に出ませんので、晴れの日が続いてもカビや苔が繁殖していきます。



雨漏り箇所の天井裏

今度は、雨漏り個所の天井裏を見ていきます。


ありました!


これは随分前から漏っていたと思われます。


下地の板を支える垂木と言う角材が腐食してしまっています。


どうりで、屋根の上を歩いていた時に、柔らかく感じた部分がありましたが、これが原因ですね。

雨漏り箇所の天井裏

ここは、垂木を受けている母屋と言う角材が壁の外まで出ているのですが、屋根は勾配により斜めになっていますが、角材は水平なためにできる三角形の隙間が出来てしまいます。


ここから、風向きにより雨が入り、ポタポタと音がしていたと思われますので、この隙間を埋めていきます。


このように屋根裏に入り、染みの状態で雨の侵入の仕方が分かりますので、原因を追及しやすくなります。


全部が確認できるわけではありませんので、経験も必要になってきます。


雨漏りでお困りの時は、街の屋根や名古屋南店にご相談下さい!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957