オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名古屋市港区|太陽光パネルを載せているので、台風の後が心配で…


屋根と太陽光パネル
名古屋市港区にお住いのお客様から「太陽光パネルを載せているので、台風の後が心配で気になっていたので見てもらえますか?」というお問い合わせがありました。

TVアンテナだけでも心配なのに、太陽光パネルだと当然の心配事だと思います。
屋根と太陽光パネル
早速お伺いし、屋根にのぼっていきます。

築年数は15年で4年前に太陽光のパネルを載せられたようです。

残念ながら、太陽光の工事をした業者は無くなってしまったそうですので、今後のメンテナンスの事も心配されていました。
屋根と太陽光パネル
平板瓦に支持金具を使用して太陽光パネルを設置しております。

支持金具とは、瓦をいったん外して、下地に金物を固定し、瓦を元に戻すと、金具の先端だけが瓦の外に出ますので、そこに専用のレールと取付し、パネルを順番にのせていくやり方です。
軒先と雨樋
太陽光のパネルの方は、しっかりと施工されております。

続いて、瓦の方も確認していきます。

この平板タイプの瓦はもともと浮いたり、ずれたりしづらい瓦ですので、問題は起きづらいのですが、太陽光を設置する際に、瓦を一度剥がすので、復旧の時に割ったりしていない限りは大丈夫だと思います。
パネルの設置状況

3面に太陽光を載せていますので、棟を跨いでケーブルが出てきますので、固定状況をチェックします。

しっかりと番線で留まっていますので大丈夫ですね。

このケーブルと通しているPF管は紫外線によって劣化してしまい、ボロボロになることがありますので、定期的にチェックが必要です。
パネルの設置状況
瓦の方も割れたりしている所はありませんでした。

太陽光の業者も丁寧な仕事をしていたようで、瓦の復旧も上手くやっているようです。
ケラバ瓦の外側
こちらの屋根の形状のように、寄棟の一部が伸びたようになると、ケラバと言う役物が増えますので、注意が必要です。

屋根の端にあたる部分ですので、横からビスで固定していますが緩みが無いかを見ていきます。
ケラバ瓦の内側
あまりビスを効かせすぎても、外側に転んでしまい、内側にある瓦との隙間が出来てしまいます。

そうなると、雨漏りの原因になってしまいますので、熟練した感覚も必要になってきます。

瓦と太陽光パネルの両方を確認致しましたが、どちらも問題ありませんでした。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市南区にお住まいのお客様から、瓦屋根のケラバがずれてしまい雨漏りしたら困るので見てほしいという点検依頼の連絡がありました。築年数が30年ほど経つお宅で、ちょっとしたお手入れはしたが、ケラバがずれているのに気がつき連絡されたそうです。

ドローンでの上空撮影

先日、赤池プライムツリーで行ったイベントに来場された、緑区にお住まいのお客様のお宅を、ドローンにて屋根点検を致しました。10年位前にスレートをカバー工事されたそうですが、なんとなく気になり始めたので、イベントに来場され、ご相談がありました。

倉庫のケラバの破損

名古屋市南区で貸倉庫のオーナー様から屋根の点検依頼の連絡がありました。屋根の端の部分が取れてしまったのと、年数もかなり経っているので一緒に見て欲しいという内容でした。建物は倉庫になりますので、よく見かける大波形状のスレート屋根になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-554-957