名古屋市港区|工場の屋根から雨漏りしたので見て欲しいと…


屋根の全景
名古屋市港区で「工場の屋根から雨漏りしたので見て欲しい」とお問い合わせがありました。

築年数は30年は越えているという事でした。工場や倉庫でよく使われている大波スレートの屋根になります。

以前にも、雨漏りしていますが、その都度補修をしてきましたが、年数的にもまだ補修で行けるのかを見てもらいたくて連絡をくれたそうです。
屋根の全景
追う言った工場や倉庫は、屋根が大きいので、とにかく軽いものでという事で、この大波スレートが多く使われています。

ただ、そこまで耐用年数が長くないので、こまめにお手入れが必要になります。

こちらの屋根も、何度か塗装や補修をしているようですが、それでも雨漏りしてしまったようです。
棟の周辺
こちらは棟の部分になりますが、補修した後に塗装をされていますが、劣化により剥がれてきています。

塗装した部分でも、劣化により素地が見えてしまっている所があります。

こうなってしまうと、傷むスピードがどんどん早くなり、域に劣化していきます。
棟の周辺
建物自体が鉄骨ですので、気温によりほんの少しですが収縮してしまいますので、その際に、端から距離の近いボルトの部分に亀裂が入ってしまいます。

下のスレートと一緒に固定していますので、すぐにどうこうはありませんが、下のスレートも一緒に割れた場合は、雨漏りしてしまいます。

ただ、下のスレートが割れたかどうかは、確認できませんので上のスレートの状況で判断するしかありません。
ケラバの金具
ここは屋根の端にあたる部分ですが、スレートを固定する金具が錆びています。

あまり錆が進行してしまいますと、風の強いときに外れたりすることもありますので、なるべく錆びないようにこまめに塗装をするなどのお手入れが必要です。
軒先R部分
軒先がRになっていますが、このような建物では一般的なものです。

よく見ると。細かいひびが入っています。

また、苔の発生も見られますので、湿気がかなり溜まっているようです。
表面の劣化
全体的に、素地が見えてしまっている所が多いようですので、スレート自体が寿命を迎えています。

そこから割れに繋がる事も多く、部分補修としてはやりようがない状態です。
表面の劣化
素地の部分がえぐれてしまい、穴が開きそうになっています。

塗装をしていてもこのような状態になっていますので、もし、お手入れされていなかったらと思うと怖くなります。

確実に割れの数も増えていると思いますし、もっと激しい雨漏りになっていると思います。

次のお手入れとしては、全体をカバーするやり方が良いと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

豊明市にてスレート屋根の台風前に診断依頼がありました。外壁は一度塗りましたが、屋根は手を掛けなかったので不安になり連絡をくれたそうです。色あせもあり壁が綺麗になって目立つようになり気にするようになりました。

ノンアス化粧スレート

名古屋市緑区在住のお客様から築10年未満の化粧スレート屋根の診断依頼があり行って参りました。10年未満とは仰っていますが実は途中入居の為、正確な年数はわからないが前のオーナーからは10年は経ってないとだけ聞いていたらしいです。実はこの時代の...........

屋根の全景

中村区にて雨漏り調査の依頼がありました。築70年くらいの古い建物で、2年前に一度ラバーロックのお手入れをされたようですが、先日の強い雨で雨漏りをしてしまったそうです。それまでは、雨漏りは最近は特にしていなかったようです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957