名古屋市港区|工場の屋根から雨漏りしたので見てもらえますか?


屋根の全景

名古屋市港区にある工場の方から「雨漏りしたので見て欲しいのですが」というお問い合わせがありました。

波型のスレート屋根で築年数が35年くらい経つそうです。前回の台風の後で漏れるようになったそうです。

以前に一度、塗装をされているようですが、10年以上は立っているようです。

スレートのひび割れ
屋根にのぼっていくと、ボルトの周辺にひび割れが結構入っていました。

このような部分は、応急的にコーキングで補修をした方が良いですね。

ナット部分の傘の中に水が入ると、下地まで水がまわり雨漏りの原因になってしまいます。
スレートのひび割れ
ボルト周りのひび割れが多いですね。

ひび割れもそうですが、表面の塗膜もだいぶ薄くなってきています。

艶もほとんどなくなっていますので、防水性はなくなっていますので、劣化のスピードは早くなっていきます。
スレートの欠け
また、ひび割れと同様に角の部分の欠けが多く出ています。

場所的に踏み割れとも取れますが、割れた部分を見ると塗装する時点で欠けていたようです。

ボルトの部分には下地がありますので、その周辺を歩いていくのですが、その際に、重なっている所を踏んでしまったのかもしれません。
スレートの欠け
ここは、明かり取りの所ですが、ここにも欠けている部分があります。

こういった所が、いたるところにありますので、雨漏りしてもおかしくない状況です。

応急の処置としてのコーキング等は、やむを得ないと思いますが、切りが無いので、どこかで線引きをした方が良い時期だと思います。
スレートの補修跡
写真のように、横にひび割れている所もあります。

スレート自体が経年劣化により傷んできていますので、塗装の表面的なお手入れではきつい状況になってきています。


スレートの補修跡
棟の部分にも、補修した後がありますので、ひび割れがあったようです。

仮に、この部分から雨が入ったとしても、この下に漏るとは限らないので、とても厄介な場所になりますので、特に注意していかないといけない部分です。
ボルトの錆
ボルト自体もかなり錆びついていますので、ネジ山も分かりづらくなるほどになっていますので、固定が緩んで、スレートがばたつき傷んでしまいます。

工場だと、面積が大きくなってしまうので、大きなダメージを受ける前に、何らかの手当てをしないと、大変な事になってしまいます。

戸建では、かなり普及してきたと思いますが、こういった大波のスレートにもカバーするやり方が出来ますので、検討して頂ければと思います。

断熱効果もかなり期待できますので、作業効率も上がるかもしれません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

名古屋市緑区にお住まいのお客様から屋根の点検依頼がありました。屋根が折半屋根とスレート屋根の2種類の屋根が合わさった形状になります。どちらも6年くらい前に塗装をされたそうですが、折半部分に錆を見つけて心配になり連絡をくれたそうです。

20200106_135535

名古屋市天白区より日本瓦の屋根を葺き替えたいとの依頼がありお伺いしました。昔ながらの和瓦で築年数も経っているうえ、一階部分の雨漏りが特にひどいとのことで一度見てほしいとのことでした。まずは、屋根の状態を一か所ずつ確認していきます。

玄関の天井の雨染み

名古屋市緑区にお住まいのお客様から、雨漏りの診断依頼がありました。雨漏りした場所は玄関の天井部分で、照明器具の付近なので心配になり連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957