名古屋市港区|個人宅ではありませんが雨漏りしたので見て欲しい


屋根の全景
名古屋市港区のお客様から「個人宅ではありませんが、雨漏りしたので見て欲しい」というお問い合わせがありました。

以前に一度漏った事がありましたが、しばらくは止まっていたのですが、また漏れてきたので見て欲しいという内容でした。

台風20号の影響かもしれません。
屋根の全景
まずは、お伺いして屋根を確認していきます。

築年数が30年くらい経つ、金属製の角ばった屋根で、一般的には折半屋根と呼ばれる金属屋根でした。

このような屋根は、勾配が水が流れる程度の緩い勾配が一般的で感覚的には、ほぼフラットに感じます。
ボルト穴のズレ
屋根にのぼって気づいたのは、屋根をボルトで固定するのですが、ボルトを通すために屋根の山の部分に穴を開けますが、一部ですが、穴がずれて開いていました。

これでは、普通に雨が入ってしまいます。

せめて穴を塞ぐ補修くらいはしておいて欲しかったです。
ボルト穴のズレ
穴が開いているのが、山の部分ですが、底の部分ほどではないにしろ雨は入ってしまいます。

この下が、雨漏りするとは限らないのですが、応急でも穴は塞いだ方が良いですね。
軒先と雨樋
雨漏りしたのが、壁際の多くありましたので、屋根と照らしあわすとこの部分になります。

軒先から、雨を集めて流す樋にあたる部分です。

中には、砂や埃・錆の粉が樋のそこに溜まっています。

これでは、水の流れが悪く、樋の中に溜まっていう時間が多くなると、雨漏りする確率が多くなります。
棟止め板金の錆
こちらは、屋根の流れの上の部分になります。

先端には波型の形状で出来る隙間をふさぐ為に、板金でカバーしています。

その板金が、かなり錆びていますので放置していますと、錆により穴が開いてしまいますので、ふさいだ意味が無くなってしまいます。
ボルトの錆
また、全体的にボルトの錆が激しいです。

酷いところは、ねじの山が分かりにくくなるくらい錆びついています。

ナットの部分に傘が付いていますが、錆により小さくなってしまうと傘の下のパッキンも痩せてしまい、中に水が入りやすくなってしまいます。
ボルトの錆
まめに塗装をしていくか、ボルトをカバーするキャップがありますので、そういった物を使用すると錆びづらくなりますので、お奨めです。

ボルトの押えが弱くなると、重ねている部分に隙間が生じ、雨が入りやすくなりますので、とても大事なところです。

金属屋根の場合は、錆には気を付けて頂きたいと思います。

高い場所で、危険を伴いますので、気になった時には業者に任せた方が良いと思います。

その際は、街の屋根や名古屋南店まで!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

北区にアパートを所有されている方から、瓦がずれて雨漏りしたようなので見てほしいと連絡がありました。所有者は、普段東京にお住まいですが、弟さんがこちらにお住まいで、管理会社から連絡があり、急いでネットで調べ、連絡をくれたそうです。

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957