名古屋市南区にてトタン屋根の一部が落ちてきたので見てもらえますか?


トタン屋根の全景

名古屋市南区にお住いのお客様から「トタン屋根の1部が落ちてきたので見てもらえますか?」という落ち合わせがありました。


増築をしていますが、新しい方でも40年以上経っているそうです。以前に塗装はしましたが、しばらく空いているそうです。

棟板金の外れた場所

ここが、棟の板金が外れてしまい、飛んで行ってしまった場所です。


なかの板が黒く変色しており、かなり傷んでいるのが分かります。


これでは、釘が効かないのも納得です。

トタンの塗膜剥離と錆

トタン屋根のほとんどが、塗膜が剥がれてしまい、トタンがむき出しになっています。


そのせいで、錆が進んでしまっています。


それにしても、ここまで綺麗に塗膜が剥がれているのは、初めてかもしれません。

トタンの塗膜剥離と錆
こちらのトタンは、亜鉛トタンですので、元もtが塗膜が剥がれやすい屋根材になります。

プライマーの使用も定かではありませんので、余計に剥がれやすくなってしまっています。
トタンの塗膜剥離と錆
ここまで錆が進行してしまうと、トタン自体の厚みが薄くなり、穴が開いてしまう事もあります。

錆びは、表面からだけではなく、裏面からも錆びてきます。

ただし、トタンを剥がして確認することは出来ませんので、ある程度表面の状態で判断するしかありません。
トタンの塗膜剥離
これだけ塗膜がめくれてしまうと、樋の中に剥がれカスが溜まってしまい、詰まらせてしまう原因になってしまます。

当時の樋は、半丸タイプの樋ですので、強度も強くありませんし、受ける部分が小さいので、割とすぐに詰まってしまいます。
棟の納まり
ここは、棟の頂上の部分ですが、トタンが立ち上がっていますので横からの風で中に雨が入るという事はないのですが、板金が飛んでしまっているために、立ち上がりの合わさっている部分が見えていますので、そこからは雨がトタンの中に入る可能性があります。
雨樋のジョイントはずれ
樋に溜まっていた塗膜のカスを掃除していましたら、樋のジョイントの部分が外れていて隙間がありますので、ここから雨がポタポタ落ちていたと思います。

このような事が原因で、下の屋根や壁が傷んでしまいます。

雨樋も含め、屋根のお手入れを早急にしませんと、雨漏りしても不思議ではありませんので、ご検討して下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

屋根の全景

南区のユーザ様の近所の方から雨樋の相談の連絡がありました。良く話を聞くと、昨年の台風の時に工事をさせて頂いたお客様とお友達で、雨樋の水が裏の家にポタポタ落ちてくると云われ、ユーザー様に相談すると、私を紹介してくれ連絡をくれたそうです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957