名古屋市南区|屋根材が台風で剥がれてしまい落ちてきたので見て欲しい


屋根の全景
名古屋市南区にお住いのお客様から「屋根材が台風で剥がれてしまい落ちてきたので見て欲しい」というお問い合わせがありました。

最初は自分の家の屋根とは分からなかったが、離れて自分の家を見た時に剥がれている所があったので「あっ」と思い連絡をくれたそうです。
屋根材の部分的な剥がれ
たまたま近くに行っていた事もあり、連絡してお伺いする事になり、状況をお聞きしました。

このアスファルトシングル材は柔らかいので、屋根材と思っていない方もいらっしゃいます。

屋根は固いものと思い込んでしまうと、これは何かと思ってしまうと思います。
屋根材の部分的な剥がれ
お話しをお聞きしたあと、屋根にのぼって確認致します。

思っていたよりも剥がれている範囲が広いようです。

不思議なのは、お隣も同じ屋根材で、形状もほとんど同じなのですが、まったく剥がれていませんでした。

風の通り道にあたるのか分かりませんが、ちょっとした距離ですが、被害状況が全然違います。
広範囲の剥がれ
何件か、これと同じ屋根材のお宅に呼ばれお伺いしてきましたが、ここまで剥がれているのは初めてでした。

緑色に見えるのが、防水紙になりますので、すぐに雨が漏れることはないとは思いますが、屋根材を止める為に釘を打っていますので下地に水は廻ってしまいます。

ですので、このような状態で長い時間放置するのは雨漏りのリスクが高くなるので、ブルーシートで養生をした方が良いですね。
広範囲の剥がれ
ただ、お伺いした日は、風が強かったので、作業的に難しい状況でしたので、お客様に説明をし、後日、養生をしに改めて伺う事に致しました。
屋根材の張り方
別の場所をいろいろ見て行くと、元の施工がおかしく思えるところがありました。

上下の重なりは、通常は半分くらい重なっていますので、横の継目の隙間は屋根材がありますが、この屋根は横の継目の部分から防水紙が見えます。

ここだけ、張り方を間違えたのかもしれません。
シングル材の通常の状態
このように通常は屋根材どうしを接着していますので、指を入れようとしても入りません。


屋根材の接着の剥がれ
築年数がまだ、6年くらいですが接着部分のほとんどが剥がれてしまい、ご覧のように指で簡単に持ち上がってしまいます。

こんな状態ですので、強い風が吹くと捲れてしまい、折れ目に亀裂が入り切れてしまいます。

これと同じ屋根材を使っているお客様は、一度確認してみて下さい。

自分の家の屋根材が分からない時は、街の屋根や名古屋南店までご相談ください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の全景

北区にアパートを所有されている方から、瓦がずれて雨漏りしたようなので見てほしいと連絡がありました。所有者は、普段東京にお住まいですが、弟さんがこちらにお住まいで、管理会社から連絡があり、急いでネットで調べ、連絡をくれたそうです。

棟瓦の様子

江南市にお住まいのユーザー様から、飛び込み業者に屋根がずれていると言われ心配になり、連絡を頂きました。和瓦を葺いているお宅ですが、あの辺とか曖昧な言い方をされたようですが、自分では見えないので特に屋根やも知らないので、弊社に連絡をくれたそう...........

屋根外壁

名古屋市南区の以前お伺いした事があるお客様からの連絡がありました。瓦屋根の診断もして欲しいのですが外壁も診て欲しい 、両方見て頂く事は可能ですか?とのお問い合わせで勿論可能ですとの事でお伺いして参りました。実は外壁診断の方が経験も27年と長...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら名古屋南店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-554-957